日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  2007年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

函館ハーバービューホテル「マーブル・ラウンジ」のケーキ

今月のケーキは、函館ハーバービューホテルのティーサロン「マーブルラウンジ」のケーキにしました。デコレーションではなく、ショートケーキをいくつか買うことにしました。
店に行くと、さすがにホテルの喫茶というだけあって、雰囲気が違います。ホテルらしく布張りの立派な椅子が並んでいて、庶民には恐縮してしまいそうな感じもなきにしもあらず。ケーキは持ち帰りもできることを確認の上、買ってきたのが以下の写真です。
函館ハーバービューホテル「マーブルラウンジ」のケーキ

手前は「ブルーベリータルト」。
七飯町のハウレット農場のブルーベリーを使用したという、8月のみの期間限定メニューです。実はこのケーキに注目して今月はここにしたんです。
生クリームは甘さ控えめでふんわりとしていて、飾り付けに金箔がのっかっていました。なかなかゴージャスですが、味的にはバランスが良いと感じました。
ところで、ハウレット農場というのは、南北海道自然エネルギープロジェクトのピーター・ハウレット氏の農場なのかな?だとすると、なんだか栽培方法にもこだわっていそうな感じです。

真ん中の左側は「エクロジオン」。
上に桃がのっかっていて、見た目的に可愛い感じです。
下のケーキ本体には栗のプリンが入っています。
意外な組み合わせですが、なかなかおいしいものです。

真ん中の右側は「プラリネショコラ」。
上にはココアパウダーをまぶしてある、チョコが主役のケーキですが、全体的にブランデーの香りが全面に出ていて渋めな感じがあります。

奥は「フランボワジェ」。
見た目からも想像できると思いますが、ベリー?が効いたすっぱめの味です。
バターをけっこう使用しているのか分かりませんが、見た目よりもどろっとした感じがあって、紅茶に合う感じでした。

ところで、金箔を使用したりして高級な印象を持たれるかもしれませんが、実際には値段はどれもリーズナブルなものです。
スポンサーサイト

盛岡は「どんど晴れブーム」、冷麺とじゃじゃ麺を食す

久しぶりの故郷に帰ったんですが、やはり「どんど晴れ」の舞台という雰囲気はありました。
JR盛岡駅に垂れ幕がかけられているのは当然として、あちこちにポスターが貼られ(既に若女将の装いになっていた)、のぼりが立てられていました。
ホテルにはパンフレットがあって、物語の登場人物やあらすじ、ロケ地めぐりのモデルコースなどが書かれていたので、記念にもらってきました。
盛岡駅

どんど晴れポスター

その盛岡では、盛岡冷麺を食べ、じゃじゃ麺を2回も食べました。
まず、昼食として「ぴょんぴょん舎」(http://pyonpyonsya.co.jp/index.html)で盛岡冷麺を食べました。前にも食べたことがあるんですが、やっぱりおいしいです。スープにくじら肉のような香りを感じたのは気のせいか。スープには牛骨を使用しているとのことなので、これなのでしょう。
相方はピビン冷麺を注文しました。初めのうちは甘辛いタレのおかげで食べやすく感じるものの、食べ進んでいくうちにじわじわと辛さが攻めてくるようです。ある程度辛さに慣れている人にはお勧めです。

そして、夕食にはじゃじゃ麺です。
「白龍(パイロン)」と決めていたのですが、非常に残念なことにお盆休みでした。一時途方に暮れていたのですが、気を取り直して、中三デパートの向かいにじゃじゃ麺の店があったのを思い出してそちらへ向かいました。
店の名前は何て言うのかな?看板には、「元祖 盛岡じゃじゃめん」と書いてありました。名前とポップな看板から受ける印象は正直イマイチですが、この場所で長く営業している(10年以上前から?)ことは確かで、ある程度期待できるかなと思いつつ食べたのですが、これがおいしかったです。おみやげに買って帰ろうかと思ったくらいです(しかし要冷蔵でした)。
チータンタンが別の器に入って一緒に出てくるのは意外でしたが、家族連れの客などの要望でそのようにしているとのことです。
元祖盛岡じゃじゃめん


前日のじゃじゃ麺のおいしさにハマってしまい、次の日の夕食にもじゃじゃ麺を食べてみました。今度は、 ぴょんぴょん舎の隣にある「HOT JaJa」(http://pyonpyonsya.co.jp/hot_jaja.html)に行ってみました。ぴょんぴょん舎の系列店らしいです。
この店では、客から要望のない限り、基本的にスパイシーな味付けで出しているそうです。確かに、じゃじゃ麺の基本は押さえていながらも、若干のスパイシーさが感じられました。そんなに辛いわけではありませんが、店の名前のとおり、食べ終わる頃には口のまわりがホットになる感じでした。こちらはこちらでおいしかったです。
ちなみに、この店は後チータンでした。
Hot JaJa


短期間に盛岡のおいしい麺を立て続けに食べることができて満足でした。

なお、盛岡まで出向くのが困難な方は、東京に「じゃじゃおいけん」という店があるそうですし、インターネット通販を利用してクール便で送ってもらうのも一つの手かなと思います。

旅行記については次の機会に。
月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。