日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  2010年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒルクライムで威力を発揮するバーエンドバー

今日はバーエンドバーについてのお話ですが、その前に、バーハンドルとドロップハンドルについて、少し書いてみます。

昔、自転車で旅行をしていた時、最初はスポルティーフというタイプの、ドロップハンドルの自転車だったんですよ。
当時の自転車。パナソニックのヴィアトーレ
それからわずか2年ほどで乗れない状態になってしまったため、やむを得ず買い替えたのがクロスバイクでした。
ドロップハンドルからバーハンドルに変って、とにかく感じたのが、手のしびれ・痛さ・疲れでした。

おそらく、バーハンドルの場合、どうしても持つ位置が限定されるためか(今ならエルゴノミックな形状のものもあるので多少状況が変っているかもしれませんが)、腕が疲れやすく、振動の影響を受けやすいのだと思います。
対してドロップハンドルの場合、その時々でいろいろな持ち方ができて疲れやしびれ・痛みを分散することができます。個人的には、ブラケット部分を持つ状態が好きでした(初めのうちはツボ押しみたいな効果があって気持ち良かったのです)。

どちらかというと、ロングライドになるほどドロップハンドルの利点が生きてくると思います。

逆に、短時間のサイクリング中心だったり、通勤兼用だったり、街中を走ることも多いとなると、バーハンドルのコントロールのしやすさのほうがメリットになる感じがします。

ドロップハンドルでも通勤や街乗りもできますが、例えば、とっさの場面でのブレーキとか、段差とか、気を遣う場面が多くなるでしょう。
ドロップハンドルのブレーキって、スピードのコントロールに力点が置かれていて、即座に強く効く感じではないんですよね。下ハンを持っていれば強くかけることもできるでしょうけど、街乗りで下ハンは姿勢がきついでしょう。

ヒルクライムの場合、競技としてはドロップハンドルが当たり前だと思いますが、趣味と実用の延長線上で取り組むならば、バーハンドルのクロスバイクとかフラットバーロードで頑張るのもアリかなと思っています。
基本的に短時間勝負なので、しびれとか痛みがあまり出ないと思います。

ただ、クロスバイクなんかはロードに比べて車体が重いことが多いので、その点では不利ですが(タイヤ&ホイールが太いのと、低価格化のため安めのパーツを使っていることが理由でしょうか)。

おそらく、これだけロードバイクが普及して、そのほとんどがドロップハンドルを採用しているということは、一番オールラウンドなハンドルの形ということなんだろうとは思います。


バーハンドルでのヒルクライムもアリと書きましたが、ただし、そのままではよろしくないと思います。

ここでようやくバーエンドバーが出てくるわけですが、バーエンドバーがないと、ハンドルの位置がやや近めの1ヵ所のみになり上半身の筋力を有効に活用できないと思いますし、ダンシングもやりづらいです。

バーエンドバーがあれば、急坂でより前傾姿勢をとってハンドルを引きつけたり、逆に押し付けたりすることが可能になります。

ただ、最近のバーエンドバーは短めのものが多いですね。
私は、古い物ですが、写真のように少し長めのものを使っていて、主に急な坂道に差しかかった時には必ず使っています。
バーエンドバー
使い方は、バーエンドの真ん中らへんを持って、やや押し付けるようにし、ハムストリングスを意識して引き脚を使ったり、あるいは、バーエンドの先端近くを持ってダンシングしたり、同じく先端近くを持ってサドルの前寄りに座って踏み脚重視のペダリング、といった感じです。

ところで、バーエンドバーの形状ですが、先端にかけて水平方向にカーブしているものではなくて、やや上方向にカーブしているものが好きです。この方が、手首の角度が自然で力を入れやすいと思います。
バーテープを巻いているのは、素手で握った時に冷たくないようにとだいぶ前に勧められたためです。

一つ、ドロップハンドルに比べてハンドルの幅がやや広くなってしまうのがデメリットです。
※ハンドルバーのカットについての記事をご覧ください


で、以上のことを自分に当てはめると、今は短時間勝負で(独り身ではないので長時間勝手気ままに行動できない事情もあります)、ヒルクライム専門みたいな感じになっていまして、あまりドロップハンドルの必要性を感じてはいませんし、例えば、クロスバイクでもドロップハンドルにすることは可能であっても費用対効果の面では疑問があるので、すぐには(自転車を買い替えるまでは)今のバーハンドルのままで十分、と今は思っています。

ただ、本音を言えば、ドロップハンドルのロードバイクでもヒルクライムをして、比べてみたいところですが。
スポンサーサイト
[ 2010/07/31 15:09 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)

プロテイン、アミノ酸サプリメントについて

数年前までは全く知らなかったプロテインですが、筋トレに興味を持ってから、割と自然に飲むようになっていました。

ドラッグストアでもいろんな種類のものが売られているところを見ると、けっこう一般的になっているんじゃないですかね。
私自身、いろんな種類のプロテインを飲んだことはないんですが、安い大豆プロテインは1回買ってみたものの飲みづらい・溶けにくい、という印象でそれっきり、ザバスのバニラ味を何回か買い、現在はココア味でずっと継続、という状況です。
ザバスのプロテイン。最初に缶入りを買っておくと、後でお徳用の袋入りに買い替えた場合でも使える。

私の場合、2年くらい前は、ボディブレードのトレーニングと組み合わせていましたが、当時は、筋肉を付けるだけでなく、筋肉痛を緩和してくれる効果も感じて、けっこう重宝していました。

ただ、筋肉を付けることに対するモチベーションがいまいち続かなくて、しばらく中止していたのですが、自転車に熱が入るようになって、再び(というか、以前にも増して)プロテインを飲むようになっています。
とはいっても、余分なカロリー(タンパク質も含めて)は脂肪になるということもあって、ボディビルダーの方のように多量に飲んでいるわけではありません。

自分の場合、運動直後が一番多く、次いで寝る前、それから、朝食が軽めのことが多いのでタンパク質を補う目的で少し摂っています(ザバスのお勧めのとおりになっていますね)。
量的には、それぞれ付属のスプーンで3杯、2杯、1杯くらいです。
もっと飲んでもいいのかな?
しかし、自転車(特にヒルクライム)の場合、体重が軽いほうが有利ということがあるので、筋肉をもりもり付けるよりも、筋肉痛が軽減される程度、筋肉の修復を助ける程度、という感じで摂取しています。

それプラス、最近、肝臓で分解してから吸収されるプロテインよりも、BCAAなどアミノ酸のほうが吸収が早いということを聞き、アミノバイタルのタブレットを買ってみました。
アミノバイタルのタブレット
値段的には少し高めにも感じますが、必要な時に必要な場所へ持っていけるのがメリットです。
プロテインと違って、水がなくても摂取できるのも良いです。
効き目もけっこうあるみたい。
月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。