日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  2011年04月

初レース、クロスバイクで頑張りました。

第3回城岱ヒルクライムに参加しました。

もともと私がヒルクライムをやるようになったのは、昨年、このレースの存在を知ったことがきっかけで、昨年は参加を見送ったものの、今年は参加したいと思って常に取り組んできたのでした。
初レースです。

このレースは、距離7.5km、標高差416m、平均斜度5.6%を上るもので、全国的なヒルクライム・レースに比べたら、難易度の低いコースかと思いますが、地元中心のレースという感じじゃないかと思います。

城岱スカイラインの冬期閉鎖が終わる1週間前で、一般車両等がない状態になっています。
その分、早春の気候の影響を受けやすいところがあって、昨年は降雪のため距離が短縮されましたし、今年は雪はないものの、一時的な季節の逆戻りのような、冷たい風が吹き付けていました。

参加者は、エントリーで36名。
年代的には40代の方が目立つ感じですかね。最高齢で70代でしょうか。年輩の方もけっこういらっしゃいます。

皆さん、ちゃんとしたロードバイクですね。MTBやクロスバイク系は自分も含めて3~4人くらい。ママチャリが1台。
ウェアなんかもほとんどの人がちゃんとしてます。

自分の場合、安いクロスバイク(しかも13kgもある)なんで、ちょっと見劣りしているように感じてしまいました。
ウェアも、レーパンとレッグウォーマーはありますが、上着はジャージを持っていないので、通勤でも使用している普通のカジュアル的な服だったり。

クラス分けはありません。無差別級です。

目標としては、自己ベストが27分ですが、シーズン始めの時期としては28分で走れればいいかなと思っていました。
希望としては、トップの人から3分遅れくらい。というのは、バイク重量が5~6kgくらい重いとして、それを正当化できる時間差がそのくらいじゃないかと思うので。
順位としては、上位3分の1以内、できれば1桁と思っていました。

ただ、コンディションとしてはイマイチ。
最近、花粉症だか風邪だか分からない、鼻・喉の痛みで寝不足が続いていて、この日もけっこう早く目覚めてしまいました。
そのためか昨日軽く走った疲れも抜けてなくて、ちょっとまずい感じ(普通は前日に走らないかもしれませんが、前々日が飲み会だったのでちょっと体を動かしておきたかったのです)。
こういう時は、経験では、前半から突っ込んでいくと後半きついので、前半は抑え気味にいくことにしました。

レース展開ですが、スタートしてすぐに20人くらいがどんどん先に行ってしまって、あっという間に見えなくなってしまいました。
自分もそれなりに頑張りつつ、あまり無理はせず前を見ながら追っていきます。

心拍数は、最大の90%くらい、170以内を目安にしていたのですが、あっさり超えて、180前後くらいになってしまいます。
調子が悪いせいか、レースのためテンションが上がってしまっているのか分かりません。
それでも、息が切れてどうしようもないというほどでもないので、構わずペダルを回し、1人ずつ抜いていきます。

だいたい中間地点のあたり、ある標識をいつも目印にしているのですが、そこで14分台。
けっこう遅れています。ここらあたりから、気持ちを切り換えていきます。

コース中で一番きつい、9%の坂をバーエンドバーを握ってダンシングで乗り切り、さらに1人くらい抜いて、後ろも引き離したと思います。

ゴール手前は強い向かい風で、もう脚が残っていなく、1人抜き返されてしまったのがちょっと心残りでしたが、なんとかゴール。

記録は28分25秒。
ベストよりも1分30秒近く遅れてしまいました。
順位はよく分かりませんが、10番台の前半くらいかな?

あと30秒速ければ、もっと好ましい結果でした。

※DNSを除き、32人中11位でした。

心拍数は最高で190という、見たことのない数字が出ていました。

ちょっぴり不本意な結果でしたが、初めてとしてはまずまずかなという達成感も。
普段やってきたことがだいたい8割くらい出せたと思います。

レースを振り返って、後ろから抜いていくのは気持ち良いですが、もう少し前の方、トップが見えるくらいの場所で付いていけたらよかったと思いました。

今までレースはおろか、人を意識して走ることもなかったので、とても良い経験になりました。

当初は、震災の影響で開催するかどうかという状況もあったようです。また、私的にもいろいろ忙しい状況でしたが、参加できてよかった。
他のレースにもぜひ出てみたいと思いました。
[ 2011/04/18 02:06 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(5)

青森に行っていました。

東日本大震災による自粛ムードと、反自粛ムードが入り乱れる中、とある授賞式に参加してきました。
と言っても、自分が受賞したわけではないんですが。

パーティー的なイベントは、時節柄めずらしい感じがしますが、経済面で大きな影響を受けていると思われるこの地域を支援する意味では良いことかなと思いました。

前々日に大きな余震があって停電、JRが止まってしまい、行けるのかどうか、という状況だったのですが、当日の朝には運行が再開されて、行くことができました。

授賞式では、黙祷を捧げたり。

かなりきちんとしたイベントで、場慣れしてなかったのですが、勉強になりました。

八甲田ホテルの3代目フジコ
これは、宿泊した八甲田ホテルのアイドルという、三代目フジコなのですが、かなり大きくてびっくり。
これでも1歳になっていないんだそうです。

ここに来たら絶対行かなきゃと思い、酸ヶ湯(すかゆ)のヒバ千人風呂にも入ってきました。
ちょっとした体育館くらいの広さの建物に広々した湯船。
基本は混浴なのですが、一応、ついたてが少しあって、「ここから先は女」みたいな、ゆるやかな線引きがありました。
湯は、強酸性の硫黄泉とかいうことで、じわじわじわじわ暖まる、とてもいい湯でした。
いつか行きたいと思っていたので、とても満足。

八甲田ホテルの方も、ヒノキかヒバのような木をたくさん使った、いい風呂でした。

旅行の話になると、つい口数が多くなってしまいます。


私自身、岩手県の出身ということで、たまに帰省することがあるのですが、特急列車のワゴンサービスで必ず買っているものがあります。
水月堂 ほや燻製
ほやの燻製です。
小さな箱が好きです。

ほやというと、海のパイナップルとも言われる三陸名物ですが、震災の影響はどうかと気になって、製造元の、石巻の水月堂について調べてみたら、主力工場や会社事務所が被災し倒壊してしまい、いつになったら再開できるか分からないとのこと。

スーパー白鳥のワゴンで売っていたのは在庫品ということのようです。

似たような製品は、陸前高田の熊谷水産からも出ていますが、情報はありませんが、こちらもかなり被害を受けているかもしれません。

珍味をこれからも食べられるよう、1日も早い復旧を期待します。
[ 2011/04/13 20:58 ] レジャーと旅行 | TB(0) | CM(0)
月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム