日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  2012年10月

第1回きじひき高原ヒルクライム・・・終わりよければ全てよし

第1回きじひき高原ヒルクライムに参加しました。

先週の試走で自分の調子が良いと認識していたので、わくわくしていたのです。

というようなことを書くと、「いったいどんなタイム・順位を狙ってるのか?」みたいに思われるかもしれませんが、最初から最後まで自分のペースを守って、楽しんで上りきろうという感じ。
そうすることによって今の自分のベストが出せる自信があったので。
数字的にはS-4の上位3分の1程度に入れたらいいなというレベル。

天気が心配でしたが、朝は晴れ。
予報が変わってレース時間中は大丈夫そう。

計測開始位置が最初の坂を過ぎて直線区間に入ったところに変更されていました。
当初の予定だと高校敷地内の路面状態とか、公道に抜ける部分の混雑とかが心配だったのでよかったです。

橋を渡りきるところまでは集団の後ろのほうになんとか付いて行って、本格的な坂に入ったらインナーローに落とし、「さあ、今日もくるくる回すぞー。」という感じ。

ケイデンスは80くらい、心拍数は170を目安にいくつもりでしたが、テンションが上がっているため心拍数は高くて180くらい。

匠の森公園の入口のところで、試走よりも1分以上速いタイムでしたが、無理している感じはなく、1人ずつ抜いていき、キャンプ場のところで最初の下り。
コースを知っているので、少し前から加速。
周囲は少し休みたい人が多かったのかな。けっこう引き離したと思います。

パノラマ眺望台の入口のところで、タイムは忘れてしまったけど、試走よりもさらに速くなっていたはず。

下りを過ぎて、最後の上り区間。
少し向かい風だったかな?
上りきる前、呼吸が苦しいけれど、なんとか頑張ってとりあえず周囲にいた人は全て抜いて加速。そしてゴール前の下りへ。

前方にHCRCのジャージの人が見えて、抜きたいと思ったけれど、アウタートップで一生懸命回そうとするも、うまく回せずにそのままゴール。
というか、正直スピード出すぎて少し怖かったけど。
(ちなみに、最高速度は75.0km、最高ケイデンスは131でした。)

タイムは、40分かかりませんでした。
計測地点が移動したことを含めても、当初のニセコの目標タイム+5分という目安よりはだいぶ速かったです。

心拍計は、平均180、最高195という、今まで見たことのない数字が出ていました。
これって健康の観点ではどうなん?という感じ。

順位は、力のある人があまり出ていなかった(他のクラスに移った?)ことや、「地の利」をいかしたかたちで1ケタの順位でしたが、それ以上に最後まで自分のペースで走れたのでとても気持ち良かったです。


今年はロードバイクに乗り換えましたが、本当にかみ合わない状態が続いて最悪でしたが、最後の最後で自分の走りを取り戻せた感じ。


第1回の大会ということで、運営側としては並々ならぬ苦労があったんじゃないかな?
本当にお疲れ様でした。

下山時には「ニセコより景色がいいよね。」みたいな声も聞こえて、地元の人間としてもうれしかったです。
ヒルクライムのコースとしても、変化に富んでいるぶんニセコよりは面白いんじゃないかな?

来年はもっとたくさんの人に参加してほしいと思いました。

ゴール地点から
ゴール地点から。
[ 2012/10/14 21:38 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)

思いっきりリム打ち

タイヤに限らず、安くて良いものがあればいい、と思うものの、価格と品質にはある程度の相関関係があるもの。
ただし、高いから良いとは限らないというのもまた真実な気もしますが。

Felt F75に最初から付いていたタイヤはVittoriaのZAFFIRO PROでしたが、このタイヤはかなり耐久性がある反面、とてもゴムが固いという印象。
値段も安いみたい。

普段はこれを履いていましたが、リアがだいぶすり減ってきた感じ。
これがホントのフラット・タイヤ???

まだいけるのか分かりませんが、自分はタイヤに平らな面ができてくると気になるタイプ。
サイクリング中にパンクしたら時間の浪費なので。

その一方、どちらかというと安いタイヤのほうがありがたい、(自分で言うのも何ですが)ケチな男。
高いタイヤを次々と履き替えるのはもったいないので。

普段履きのタイヤとしては、ZAFFIRO PROの後継は同じVittoriaのRUBINO PROを選択しました。

Wiggleで安くなっていたので。
評判も悪くないみたい。

重さは若干軽くなるみたい。
RUBINO PRO

走った感じは、前のに比べてだいぶやわらかい感じ。
もう少し空気圧上げたほうがいいかも、と思うほどでした。


ところで、交換の際、リムテープがホールのところでけっこうへこんでいるのでちょっと気になりました。
(写真では分かりにくいかも。)
リムテープが弱い?


話は変わって、本番用のホイール・タイヤに交換して再びきじひき高原に行った時のこと。

今年に入って一番調子が良い感じで、いい気分になったところまでは良かったのですが、今日は裏側から下ってみるかといつもと違うルートを選択したら、下りの終わり近くで枯れ葉を踏んだつもりが実は石ころが隠れていて思いっきりリム打ち。

やっちゃいました。
今年初めてのパンクかな?

自分の油断と不注意です。

リムは大丈夫かと思うほどでしたが、大丈夫みたい。

ただ、チューブだけでなくタイヤのサイドにも穴が開いてしまいました。

スペアチューブに交換しましたが、空気を入れると穴の部分が少し盛り上がってきます。
(家で撮った写真)
サイドに穴が開いちゃいました。

たいして使っていないタイヤなのでもったいないですが、時には身を危険にさらすほどの速度が出ることを考えると、お釈迦にせざるを得ないと思いました。

これが通勤用のクロスバイクだったら、多少あやしい状態でも使ってみようとなるのですが。


おまけ。

パナレーサーのエア・ゲージ
パナレーサーのゲージ、復活したみたい。

以前は測定するのにとてもコツが必要でぶん投げてあったのですが、あらためて試したらちゃんと測定できるみたい。

これで空気圧を微調整してみます。
[ 2012/10/09 23:06 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)
月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム