日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  2014年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニセコのレース展開を振り返ってみました。

第5回ニセコHANAZONOヒルクライムの当日編。

レース当日の朝、ホテルでの目覚めは、昨日の体調不良が嘘のような良い気分。

ご飯もしっかり食べて、「軽量化」もちゃんとして、ウォームアップに出かけました。

15分近く、残り10kmのところまで上り、心拍数で160台までしっかり上げておくことができました。

戻ってきて、出走サインやらも済ませて、スタートの場所取りも、まあ悪くない位置を取れたかな?
(実際にスタートしたら、前の3人くらいが遅い人だったので、少し失敗したと思いましたが、なんとか。)

この日も天気は良くて、気温が30度近い中での競技。
5回目ですが、過去にここまで暑かったことはないんじゃないですか?

ただ、個人的な感想としては、暑いけれど函館に比べると湿度が低く、走って風を受けると意外と大丈夫な感じ。
室内でローラー回のに比べたらマシかもしれません。


10時35分、第2グループでスタート。
きじひきとの大きな違いは、きじひきでは一つ上のS-3と一緒のスタートだったのに対し、ニセコではL(女子)、M(55歳以上)と一緒のスタートになること。
ニセコのほうが、先頭集団に付いて行きやすいと思います。

計測開始地点を過ぎて、若干ペースアップが上がったかな?
でも、付いていける感じ。

序盤から中盤は緩斜面が続くので無駄な力は使わず、集団をうまく利用したいところでしたが、しばらく行くと集団はほぼ1列に。
風が強めだからでしょうか?

1人で風を受けるわけにもいかず、しかしながら先頭からの距離感はキープしたいので、体半分だけでも誰かの後ろに割り込むような感じで、クラス中10番目以内くらいの位置をキープ。

たまに2~3人前で中切れが起きそうになったら、穴を埋めるような感じで前に出る。でも、少し走ると後ろから2~3人が前に出てくる、といったことを2~3回繰り返す展開。

そのうちに、じわじわと2~3名が先行したもよう。

残り5km、道路が狭くなって傾斜がきつくなり始めるところ。
ここからが勝負どころですが、少し上って、やや傾斜が落ち着いたところで、特別なことはしていないのに5人くらいを一気に抜きました。

彼らも、暑さと風の影響で筋肉に疲労が蓄積しているのかな?
自分もけっこう脚にきていたのですが、緩斜面で休まずに回転を意識してペダリングすると、他の人よりも少し有利な感じがしたので、以後、その作戦を継続することに。
(自分は決して回転系ではないんですが・・・。)
これがそれなりに有効だったみたい。

自分の位置は、クラス中3番目くらい。

自分の実力からして、この展開はおかしいのではないか?とか、いいところまでいって5人くらいに一気に抜かれるのではないか?とか、疑問や不安を感じながら走っていましたが、後ろの人の気配はだんだん薄くなっていき、実際、誰にも追い越されていないし、そして残り3km付近の急坂のあたりで女子のトップの人と同クラス2番目の人を抜いたあたりで、どうやらかなりチャンスがあるようだと確信。
(12km地点の映像で見ると、実際には、割とすぐ後ろをぞろぞろと集団が続いていましたが。)

この時点ではまだ先導バイクが見えたので、ひたすら前を追います。
しかし追い付かない。

残り2kmくらい?の最後の急坂を抜けて緩斜面へ。
ここからは、とにかく回転、回転、という感じ。

残り1kmを過ぎると平坦区間。
先導バイクと先頭の人は残念ながら見えなくなってしまいましたが、後ろを振り返るとこちらもだいぶ離れたみたい。
気を抜かずに回して回して、そして最後も力を振り絞ってゴール。

かなりしんどかったけど、全力を出せたので、結果がどうであれ満足な内容でした。

しかし、後で記録を見たら、去年よりも1分近く遅いタイムでびっくり。
でも、こういう展開もあるんだなと、むしろ、その展開が40男には有利に働いたのかなと思いました。

でも、正直、今年のニセコで表彰台に上がれるとは思っていなかった。
むしろ、S-5(41歳以上の初級)に入らない限り無理かと思っていたので、とてもうれしかったです。

表彰台。
1位の人が若い。
自分・・・髪が薄い・・・。
ちょっと恥ずかしいけど、本当にうれしかったです。

表彰状とメダルに加えて、賞品のジャージもらいました。
ありがたい。
賞品ジャージ
スポンサーサイト
[ 2014/08/08 22:23 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)

嬉し恥ずかし初表彰台

第5回ニセコHANAZONOヒルクライム

第5回ニセコHANAZONOヒルクライムに参加してきました。

全クラスで約600名が参加する、北海道では最大のレース。
(本州のほうだと千人規模の大会はいくらでもあるのかもしれませんが。)

自分が参加するクラスはS-4(40歳以下の初級)で、今回は160名がエントリー。

そうそう、ついに40歳になったので、S-4に出られるのも今回が最後。

きじひきでは表彰台の可能性も意識しつつ、な感じでしたが、結果は残念。

一方、ニセコのような「ビッグレース」では、自分の今のレベルでは、昨年と同じくらいの結果か、せいぜい一桁順位を狙うくらいが妥当かなと思っていました。
調子も抜群というわけではないし。

が、蓋を開けてみると、なんとなんとまさかの表彰台。

記録はアレですが、レース展開に恵まれたかな?

表彰式は、もともと運動神経がなくて、こんなことは人生で初めての経験だったので、少しもじもじ。
でも、とても良い思い出になりました。

進行がやたら「かみかみ」なのが気になりましたが・・・。
代わりにやってあげようかと思うくらい。


実は、前日、倶知安へ出発する日の朝は体調が悪くて、走れるかどうか心配なほど。

このところ最高気温が30度前後の日が続いていて、寝不足気味だったからなのか、軽く吐き気もして、喉が少し痛いような感じもあって、夏風邪かと思いました。

まあ、南のほうの人にとっては、たいした暑さじゃないのかもしれませんが、北海道では珍しいことです。だいたいの家にはエアコンもないですしね。

ただ、出来る限りのことをしようと思い、首にタオルを巻いて暖かくして出発。

それに加えて、途中、2回ほど休憩し仮眠をとったことで、調子は良くなり、どうやら出場するのは問題なさそう。

ただ、コースの試走はパスして、この日は受付と検車のみに。
3回目の参加なのでコースもだいたいわかるし。

その代わり、当日朝のコース上でのウォームアップはしっかりやることにしました。

ホテルは当然ながらエアコンが効いて快適。
おかげさまでよく休むことができました。

長くなるのでレース当日のことはまた改めて。
[ 2014/08/05 20:05 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)
月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。