日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  2015年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

年に一度?のステム交換

明日は第4回きじひき高原ヒルクライム。
自分は残念ながら出られないのですが、今日トレーニングで上りに行って、試走している人でも見て雰囲気を感じようかと思っていたのですが、雨のためそれもかなわず。

明日は天気が微妙っぽいですが、ひょっとしたら路面が濡れているかな?
安全を祈ります。


今日は古い話題。

今年の春もステムを買い換えてみました。

もちろん、金属が劣化して剛性が不足するので買い換えるとかいう話ではありません。

もともと体が硬いので前傾姿勢が苦手で、かなり角度のあるステムでハンドルを上げていましたが、少しずつ慣れてきて、今年はもう少しハンドルを下げてみようか、というのがここ2、3年の春でした。

昨年は、+13°、110mmのステムでしたが、今年買ったのは、
新しいステム

+10°、110mmです。
シマノプロの製品。

こういう、10°とか13°とかいうあたりは製品が少ないんですよね。

確か、+13°の前は+25°だった気が。
MTB用のステムだったと思います。

重量は133グラムでした。

Before。
交換前

After。
交換後

微妙に変化しました。

乗った感じは、普通にいけそうな感じ。

たぶん、もう買い換えることはないんじゃないかな?

なぜなら、最初に付いていたステムは、±8°、110mmのステムだから、もう1段階下げようと思ったら、最初のステムを使えばよいのです。

確か、最初の頃は、姿勢がきつくて、+6°、80mmとかのステムを使ったこともあったような。

最初のステムから、低くて近いステム、高めのステム、高くて遠いステム、と移行して、最初のステムに近づいてきた感じ。
振り返ると興味深いですね。

今度はサドルなんかも自分に合ったものがほしいと思うのですが、良いサドルは値段が高いので今は無理かな?という感じ。

スポンサーサイト
[ 2015/06/27 22:39 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)

第70回チャレンジランに参加

「第70回」という文字に歴史が感じられますよね。
実際には春と秋の年2回やっていますが、35年だとしてもけっこうな長さです。

個人的には何回目の参加かな?
10回くらい参加したかもしれません。

今回も100kmコース。
函館の隣、北斗市から日本海側の江差町まで走って折り返して戻ってくるコース。
今回は、新函館北斗駅のスタートとなっていましたが、リアルスタートではなかったです。

ただ、ちゃんとした駐車場があるのは良かった。

駅舎もほぼできているようでした。
新函館北斗駅

これはゴール後に撮った写真。
スタート時は小雨で路面は濡れていました。

5~6人のグループごとにスタートして、少し速いペースの人について行ったり、前を引いたりして、そのおかげで、後ろから来る最速グループに抜かれたのは、中山峠を過ぎて次のトンネルのところ。
こんなに遅く抜かれるのは初めて。

抜かれずに付いていくこともできたかもしれないけど、果たして付いていかなくて良かったのだろうか。

ややオーバーペースだったのと、練習不足のせいか、往路の途中で太ももが攣りそうになる。
それに加えて向かい風。
1人で走るのは少々きつかった。

力を加減しながら折り返し地点。

復路は追い風。

途中で抜いた人が1人~2人付いてくる。
1人はけっこう年配の人だ。
けっこう速いね。

後からわかったけど、前回も自分の後ろに付かせてもらったとのこと。

個人的に、復路は完全マイペースなので、付いてくるのは全然OK。
往路は積極的に引く気持ちはないけど。

鶉か、木間内のあたりで1人旅になって、一応前を追っているつもりなんだけど、全く見えて来ず。

太ももを攣りかけたのが最後まで響いたかな。

最後の中山峠の上りでは、ほとんど脚が残っていなかった。

結果は、昨年秋よりも軽く10分以上遅い記録。
全体的に遅めだったようだけど、にしても、遅くなったなぁという感じ。

やっぱり、もう少し乗らないとだめだなと思いました。
走り終えたバイク

[ 2015/06/11 22:25 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)
月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。