日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  スポンサー広告 >  レジャーと旅行 >  ふるさと盛岡での観光 その2 手づくり村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ふるさと盛岡での観光 その2 手づくり村

ホテル小田島で1泊しました。
朝食の和食バイキングが復活していたのはうれしかったです。

2日目は、盛岡手づくり村(http://www.ginga.or.jp/~morihand/index.html)へ行きました。
盛岡手づくり村は、伝統工芸品を作っている様子をガラス越しに見たり、自分も少しだけ体験できたりする場所です。

場所は、盛岡の中心からはかなり離れていて、盛岡駅からつなぎ温泉、鶯宿温泉方面行きのバス(イオン盛岡SC経由)に乗って30分近くかかるでしょうか。御所ダムの湖のほとりにあります。
私が乗ったバスは、たまたま湯本温泉(西和賀町、旧湯田町)行きの中距離?路線のものだったので、観光バスタイプのシートでした。

手づくり村に到着して、
まずは盛岡せんべい店でせんべい焼きを体験。
ここに来た時はいつも体験しているんですが、焼きたてのせんべいをすぐに食べられるようになっていて、すごくおいしいです。

次は、「北杜窯」の陶芸教室へ。
陶器の絵付けと迷ったのですが、粘土をこねて形作るほうを選んでみました。
たどたどしくロクロを回してやってみました。店の方がけっこう丁寧に教えてくれるんですが、陶芸はなかなか難しいものだなということがよく分かりました。
完成品は1ヵ月ほどで届くそうで、どんな感じでできているか楽しみです。
手づくり村にて

帰りのバスまでまだ時間があったので、今度は「染屋たきうら」で藍染めを体験しました。
一つ、とても驚いたのは、藍染めの色が付いていない部分は、染料が行き渡っていないところではなくて、空気に触れない部分ということでした。
というのは、藍染めの染料自体は藍色をしていなくて、しかし、これに染めようとする生地を付け込んで取り出し、空気に触れるとみるみる藍色になっていくんです。
逆に言えば、この時に空気に触れない場所を作っておけば、その部分は白くなります。
この、空気を触れない部分を作る方法として、例えば、割り箸ではさんだり、文字や記号の型で両側からはさむとか、あるいは、ゴムでしばったり、糸で波縫いしたり、といった方法を教えてくれました。
相方は個性的な模様を作ろうとしたので縫うのが大変だったんですが、けっこううまくできて、店の人からも感心されました。
こちらはすぐに持ち帰れるんですよ。

前に来たときはあまり時間がなくて一つしか体験できなかったんですが、今回は複数体験できてよかったです。

ところで、前回はなかったはずなんですが、ぴょんぴょん舎も入居していて、麺づくり教室をやっていました。
麺のもとになる粉をこねて、機械で麺を突き、あとは茹でて盛りつけをして食べるというものでした。興味があったのですが、前の日に冷麺を食べたこともあって、今回はパスしましたが、今度やってみたいですね。

※関連記事
北杜窯から自作のタンブラーが届いた
[ 2007/09/06 21:45 ] レジャーと旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。