日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  どんど晴れと盛岡の街 >  第24週 「加賀美屋の危機」

第24週 「加賀美屋の危機」

週末は留守にしていた関係で、今日になって先週放送分を見ましたが、話が緊迫してきた感じです。
家族に感想を聞いても、かなり面白くなってきたということです。
これは視聴率にも表れているのかもしれませんが、8月27日~ 9月2日の週では20.3%(9/1(土))が最高でしたが、9月3日~9日の週では24.8%(9/7(金))まで上昇し、これまでの最高視聴率をたたき出したようです。
もう少し早く上昇すればなお良かったのでしょうけど、尻すぼみで終わるよりもはるかに良いことでしょう。
ちなみに、前作「芋たこなんきん」の最終回は18.6%で、結局初回の数字を一度も超えられないまま終わったそうです(関東地区)。

それにしても、いわゆる乗っ取り屋にだまされて、あんなにも簡単に伸一(東幹久)が契約書にサインして、祖母カツノ(草笛光子)から譲り受けた株券を渡してしまったことは、非常にやばいです。
持ち株比率は50%ですから、経営権を実質的に握られる意味があるのでしょう。最悪、加賀美家が路頭に迷う可能性もなきにしもあらず、ということでしょうか。

しかし、元をたどると、両親である久則(鈴木正幸)と環(宮本信子)が伸一をイギリスに留学させたことが伸一の「高級リゾートホテル建て替え構想」につながっているとすると、皮肉な結果だとも思います。

若女将である夏美(比嘉愛未)はオロオロしていて何もできない感じです。

さて、誰がこの難局を切り開くのか。


ところで、外資系企業の担当者として、宮本信子の実の息子・池田万作が登場していたそうです。今回のドラマの中では環の家族に焦点が当てられていて、そういうセッティングからすると、少し引っかかるような印象も持ちました。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム