日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  スポンサー広告 >  どんど晴れと盛岡の街 >  どんど晴れ 第25週 「一番大事なもの」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どんど晴れ 第25週 「一番大事なもの」

外資が盛岡をリゾート開発するという設定がアリなのかは別として、例の乗っ取りグループが本格的に動き始めました。
秋山譲二(石原良純)の工作によって仲居や板前が辞めていき、さらには、夏美の父親が病に倒れるという困難な状況においても、家族が結束しておもてなしの心を貫いていく様子が描かれていました。
(外資の乗っ取り屋から)「加賀美屋を取り戻すことができる」という女将・環の自信に満ちた言葉が妙に印象に残りました。

一つだけ、秋山が夏美の純粋さに心を動かされる様子がありましたが、個人的に、「もしこうなったら現実的じゃないよなぁ」と思っていたシチュエーションになってしまいました。まあ、物語の根本として、宮沢賢治や遠野物語の世界をモチーフにしているのだから、正しい方向なのかなとも思いましたが。

乗っ取り屋に対抗していくための要素はそれだけではなくて、ジュンソ(リュ・シウォン)や斎藤愛子(とよた真帆)、柾樹の前の会社など、加賀美屋にゆかりのある人たちが立ち上がって、外資系乗っ取り屋の包囲網を作っていくのかなと思って見ていました。
原田彩華(白石美帆)と前の板長(草見潤平)も戻ってきましたね。

視聴率ですが、ビデオリサーチの発表によると、9月10日~15日放送分では、9/15(土)の21.0%が最高でした(関東地区)。
最終的な平均がどのくらいになるのか分かりませんが、19%はいってほしいですね。

いよいよ来週が最終週です。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。