日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  スポンサー広告 >  エクササイズ、トレーニング関係 >  キックボックス・ストライクゾーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キックボックス・ストライクゾーン

あー坊です。

運動不足解消のため、
DVDを見ながら自宅でエクササイズ。
お気に入りはJanis SaffellのDVD。

前回はQuick Fix Total Cardio Mix について
書きました。今回は、Kickbox Strike Zoneについて。

Kickbox Strike Zone
このDVDは、
1.ウォームアップ 
2.キックボックスカーディオ(ストライクゾーン)
3.パドルワーク
4.キックボックススクリプト
5.ストレッチ(クールダウン)
というメニューです。

1と5が各5~6分、
2が20分強、3が15分程度、4が10分、
トータル約1時間の内容。

1のウォームアップは、
キックボックスの動きを取り入れながら
全身をしっかりと動かす準備運動です。
脚のストレッチ、ちょっとした腕立て伏せもあります。

ただ、首のストレッチがないので
自分でやっておく必要があります。
画面を見ながらのエクササイズですから、
特に最初の内は集中して見るために
顔が一方向に固まりがち。
エクササイズ前後には、しっかりと首を
ほぐしておくのが良いと思います。

2は、キックボックスカーディオ。
メインエクササイズといえる、有酸素運動です。
Quick Fixと比べたらテンポが速く、
ノンストップで次々とこなすので
慣れるまでは結構バテます。

さまざまな動きをしますが、
いずれも体をリズムに慣らしながら
段階を経て型を変えていくので、
腰などに負担がかかりにくいのが良い所です。

例えば、ステップ+キックの場合、
最初はステップのみ、次にステップに膝上げを加え、
そしてステップ+キック(膝上げがキックの動きに繋がる)に。

バックキック&フロントキックのコンビネーションでも、
最初はバックキックのみ、次はバックキック&もも上げ、
そしてバックキック&フロントキック(もも上げが
フロントキックの動きに繋がる)になるのです。

安全だし、「正しい動き」をつかみやすいので、
きちんと考えて作られたプログラムなんだなぁ、と
エクササイズしながら何回も思いました。

3のパドルワークは、
キックやパンチを打つためのパドルという器具を使い、
2人1組となって行うメニューです。
1人で・パドルなしでも行えます。
単にパドルを使わずにパンチやキックをするだけですが、
それ用の実演者がいるので、彼女たちを参考にします。

パドルワークは非常にしんどいので
私は普段とばしてしまいますが、
1回ひと通りやっておくと、
キックやパンチの動きが体にたたき込まれるので、
2や4のプログラムにおいて役立ちます。

4のスクリプトは、簡単にいうと引き締め運動です。
筋トレに近いものもあるかな?
腕や脚などを集中的に動かして動かして・・・痛くなるほど
動かして、引き締めます。特に、最後の方で行う
下半身のスクリプトは、かなり効きます。
このメニューはオススメです。

5のストレッチ。クールダウン。
時間をかけて、肩や腰、脚や腕を充分にストレッチするので
全てが終わった後に充足感を得られます。
(が、ここでも首のストレッチはありません。
自分でやっておく必要があります)

これ1本で、ウォームアップから
有酸素運動、引き締め運動、ストレッチ・・・と
すべて行えるので、とても良いDVDだと思います。
お気に入りです。

難点は1つだけ。首のストレッチ!

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。