日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  回転寿司、海鮮系 >  函館 回転寿司 「なごみ亭」

函館 回転寿司 「なごみ亭」

函館地区、といっても函館市のすぐ隣の北斗市(旧上磯町)七重浜にある回転寿司「なごみ亭」に久しぶりに行ってみました。
カウボーイに隣接した場所で、同じ敷地には書店(栄光堂書店)やラーメン店(さんぱち)、ゲームセンターなども立地しています。当初は生協が出店する計画だったと聞きましたが結果的には実現しませんでした。

向かい側には同じく回転寿司の函太郎が以前からあって、2店で激戦を繰り広げているものと思われます。
なごみ亭のオープンは2年ほど前ですかね。今でも多くの従業員が働いていることからすると、経営的は軌道に乗っているんでしょうね。

店名に「鮪一番」と付け加えてあるのは、マグロを売りにしているということなのかなと思います。
店内は、カウンターとボックスのほか、小上がりもあります。小上がりには、戸井、大間など、マグロで有名な港の名前が付けられているようです。
「本日のおすすめ」を表示するボードは、東北弁を意識してか、「ほんづつのお奨め」と書いてあります。やはりマグロと言えば青森県の大間でしょう。

酒類もけっこう豊富に扱っているようで、刺身の盛り合わせなどもあったり、居酒屋的な利用の仕方もできるのではないかと思います。

さて、肝心の寿司についていくつか書いておきます。

他店ではあまり見かけない、「筋子の握り」の筋子は、あまり深く漬け込んでいないもので、イクラに近いような、フレッシュさを残しているように感じられました。

本まぐろ赤身や平目、昆布〆たらも良かったです。

あんきも軍艦は、スライス状のあんきもを使用していました。

サンマやアジはメニューに載っていませんでした。旬の時期などに入荷した時に黒板に記載するのかなと思いました。

個人的に一番良いと思ったのは中トロです。おいしいだけでなく、値段も294円と安いです。400円以上になると途端に手が出なくなる身分にはうれしいです。

あらためて訪れてみると、良いものを高くない値段で、というコンセプトなのかなと思いました。

この店は、笑比須や“ひゃくまるくん”と同じく「やすけ・フーズ」が展開する店なんですが、グループの中では上級ブランドということができると思います(笑比須が函太郎の宇賀浦本店と競合するかたりで立地するのと同様に、なごみ亭が函太郎上磯店と競合しているのは偶然でしょうか)。

住所は、七重浜7-13-3。
[ 2007/12/11 21:36 ] 回転寿司、海鮮系 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム