日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  家庭の料理 >  長須鯨の刺身

長須鯨の刺身

わずかながらボーナスをいただいたので、何かおいしいものをと思いスーパーに行ってみたら、「ナガス鯨の赤肉」と書かれたPOPが目に入りました。
約30年ぶりの市場流通とのことで、かなり貴重なものだそうです。商業捕鯨が禁止されて以来捕獲できなかったのが、今回の調査捕鯨で3頭のみ許可されたとのことです。
値段もけっこうなものだったのですが、思い切って買ってみました。
ところで、POPには「白長須鯨に次いで大きな鯨」と書かれていたので、長須鯨と白長須鯨は別なんですね。

鯨をおいしくいただくためには解凍方法が重要だと聞いたことがあるのですが、自分ではよく分からなかったので家族に調べてもらったところ、チルド室(冷蔵庫の中で一番温度が低い)で24時間ほどかけてじっくり解凍するのが良いのだそうです。その際、血が出るのでクッキングシートを下に敷くと良いそうです。

で、解凍してもらったのですが、実際には24時間どころか2日がかりでようやく解凍できました。
長須鯨の赤肉1

長須鯨の赤肉2

生姜醤油とにんにく醤油で食べ比べてみました。
印象は、牛肉とマグロの中間のような感じで、意外とクセがなく臭みは全くありません。
スジは一部だけで、全体的に柔らかかったです。
海のものと山のものの中間のような、私が持っているクジラのイメージと一致する部分はありました。
生姜醤油が定番な感じですが、にんにく醤油も肉の味が感じやすくて良かったです。


なお、日本にも海外にも捕鯨に反対している方々、国々もあるわけですが、自分としては、海の生態系の頂点に存在するとも言える鯨は手厚く保護されなければいけないと思いますが、一方で水産資源としての利用の道は開かれていなければならないのではないかと思っています。
[ 2007/12/21 11:57 ] 家庭の料理 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム