日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  スポンサー広告 >  読書 >  本読んだ。3月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本読んだ。3月

あー坊です。

読書メモ。

『シャイニング』
スティーブン・キング 著
深町眞理子 訳
文春文庫

アルコール依存と癇癪の問題を抱えるジャック・トランス。
その悪癖が災いして、自分の将来を潰してしまう。
再起をかけ、歴史あるハイクラスホテル「オーバールック」の
管理人職を得た彼は、妻のウェンディ、息子のダニーとともに
オーバールックへ移り住む。
冬の営業閉鎖期間、ホテル管理の一切を任されたトランス一家。
雪に阻まれ、世間から閉じこめられる数ヶ月・・・。


面白かった。
ただ、個人的なミスとして
ある一文を誤った解釈で読んでしまったために
「この話は悲劇で終わるんだ」と思い込んでいた。
その勘違いのせいで終盤は戸惑いながら
読むハメとなったのが悔やむところ。
長い話はきちんと読みたい。


『クージョ』
スティーブン・キング 著
永井淳 訳
新潮文庫

巨大なセントバーナード、クージョ。
両親と息子の3人家族に飼われているこの犬は
ある日、飼い主の知らぬ所で狂犬病にかかってしまった。
じわじわと進行する病、凶暴化する犬の思考。
家族の留守中、病に冒されたクージョの元に
ある親子(若い母親・ドナと彼女の小さな息子)が訪れてしまった。
そこから始まる犬と母親の長い戦い・・・。


親子とクージョが出会ってから結末までが
この物語のメインとなるわけだけれど、
そのシチュエーションに至るまでの経緯を
前半で割と長めに描いてある。

個人的な感想としては、
物語の中心からはズレてしまうけれど
全てが終わった後の、クージョの飼い主に対して
少し納得の行かないものが残った。
もっともっと責任を感じなさいよ、と。
[ 2008/04/07 23:09 ] 読書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。