日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  どんど晴れと盛岡の街 >  どんど晴れ 第6週「浅倉家ご一行様」

どんど晴れ 第6週「浅倉家ご一行様」

今週は、夏美の様子を見に家族が突然盛岡へやってきて加賀美屋に宿泊しました。啓吾(大杉漣)と房子(森昌子)は、夏美が庭仕事をする様子を見たり、下宿の仲間から修行の様子を聞いたり、夏美のことを良く思っていない伸一(東幹久)らから女将の仕事の大変さを吹聴されて次第に心配にり、一時は夏美を横浜へ連れて帰ろうとしますが、カツノ(草笛光子)の説明を聞いて納得して帰っていきます。夏美は、庭仕事を通じて、また一つ新しいことを学ぶという内容でした。
両親の娘を思う気持ちと、親にも劣らないほどの思いやりをもって夏美に修行をさせる大女将、両者の心情がよく表現されていたのではないでしょうか。

盛岡でのロケは、第34話、夏美が弟の智也(神木隆之介)を迎えに南部鉄器の工房へ行く途中で「ござ九」の前を通るシーン、その後、暗くなって、ござ九の裏の土塀のある、ライトアップされた川沿いの道を2人で歩くシーンの2ヶ所のみのようでした。

番組最後の予告を見ると、来週はストーリーに動きがありそうです。このあたりで視聴率も山を作ってくれないかなと思います。来週もちゃんと録画しよう。

あと、来週、いよいよ盛岡の夏祭り「さんさ踊り」が放送されます。
私は、このドラマでぜひ「さんさ踊り」を紹介してほしいと思っていました。
というのも、さんさ踊りは夏祭りのパレードとしてはかなり良いものを持っていると思うのですが、東北四大夏祭り(青森ねぶた祭り、秋田竿燈祭り、仙台七夕祭りの東北三大夏祭りに加えてもう一つ)にもなかなか入れてもらえない状態だったので(4つ目には山形花笠祭りが入ることが多かった。「六大」になると入れてもらえるんですが。)、これを機にもっと認知度が高まってくれればいいなと思ったんです。
いつかは紹介されると思っていたのですが、意外と早めでした。でも、パレードの時期が8月の頭なので、2ヵ月半、観光的にはちょうどよい時期かもしれません。

「平成19年度前期NHK朝の連続テレビ小説どんど晴れ情報ページ」を見ると、「平成15年から盛岡市・盛岡広域フィルムコミッション・盛岡観光コンベンション協会等が、盛岡商工会議所と連携して進めてきたこれまでの活動が実を結びました。」と書いてあって、地元の努力によって誘致されたことが分かります。
番組中、名所旧跡などにテロップが出たり、じゃじゃ麺や南部鉄器が何度も登場するのも、このことと密接に関係しているのだろうと思います。
実際、何度も出てくると印象に残るので宣伝としては効果的だと思います。ただ、盛岡の人が毎日じゃじゃ麺を食べていると思われたら困るのですが。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム