日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  スポンサー広告 >  自転車関係 >  横津岳ヒルクライム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

横津岳ヒルクライム

春に新しいクロスバイク、SCOTT SPORTSTER P5を購入したのがきっかけで、軽い週末サイクリングを皮切りに、その後ヒルクライムに傾倒、城岱スカイラインやきじひき高原に通い始めるも、口蹄疫の影響で通行止めとなってしまい、それ以来通っているのが横津岳です。

念のためことわっておきますが、自転車関係の記事は、少し過去にさかのぼって書いています。
そのうち追い付きますが。

横津岳というのは、北海道の七飯町にある、標高1,166mの山で、レーダー基地があるため山頂まで舗装路が通っています。ただ、標高970m付近にゲートがあって、そこから先は車両通行止めとなっています。
ハイキングの人なんかは横からすり抜けて通れるのですが、自転車は一応車両の扱いになるかもしれないので、私はまだ山頂まで行ったことはありません。

麓の函館新道との交差点のところが標高100m程度で、ゲートまでだと距離にして約12km、標高差約870m、平均斜度は7.4%になります。

国土地理院ウォッちず

個人的には、地形図を見たほうが理解しやすかったりします。
城岱とかきじひきに比べると、長くて平均的にきつめでしょうか。
ただ、割と一定の勾配の坂が多いようで、きついところでもせいぜい10%くらいじゃないかと思います。

実際に上ってみると、城岱やきじひきでは7~8キロで終わるところが、まだまだこれからという感じなので、前半は無理はできません。
給水も必要でしょう。

路面状態は、途中のゴルフ場とスキー場が閉鎖されてしばらく経つためか、中盤は悪路が多く、ひび割れ、でこぼこ、ひどいところでは穴なんかも平気であったりします(旧スキー場ロッジから上は国の管轄のためかきれいに舗装されています)。
なので、タイヤの細いロードバイクなんかだと走りづらいし、特に下りは危ないんじゃないかと思います。
自分の場合サスペンション付きのクロスバイクなので、ある程度対応できています。

ただ、意外と自転車の人は少なくて、今まで何回も上っているのに、ロードバイクの人を2人見かけただけです(うち1人はゲートを抜けて山頂を目指していました)。
横津岳途中の道路から函館市街方面を臨む

12kmを上りきると、もうくたくたで地面にへたり込んでしまいそうなくらい。シャツは土砂降りの雨に当たったかのようにびしょびしょです。

もともと体育会系ではないですし、普段の仕事でも体を使うことはないので、こういう経験はとても新鮮でした。
いいトレーニングですが、足腰への負担も大きいので、トレーニング後には体を休ませることにも気を遣っています。

タイムも計っているんですが、一番最初に上った時に比べて、2割近く短縮できています。

自分の限界がどのへんなのかはまだ分からないのですが、今のところ毎回上るごとに1~2分短縮できているので、この調子でずっといきたいところです。
限界が見えたら、もっと軽い自転車への買い替えを検討しようかとも思っています。
[ 2010/08/04 20:21 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。