日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  自転車関係 >  安いものはそれなり?・・・それを言っちゃあいけませんね・・・

安いものはそれなり?・・・それを言っちゃあいけませんね・・・

この春にSCOTT SPORTSTER P5(2009年モデル)を型落ちのため安価に購入して以来、通勤に加えてヒルクライムなんかもやっちゃったりしています。購入についての記事はこちら
標準価格は6万円程度だったでしょうか。
クロスバイクの中でも安い部類、ロードバイクに比べたらもっと差がありますが、安いものを買っておいて文句を言うのは下品でしょう。

ただ、これから自転車を買おうとしている人、クロスバイクを検討している人などに参考になればと思い、気付いたことを少し書いてみます。

まず初めに、前回書いたのですが、最初に付いてきたタイヤはけっこうぺらぺらだったんですが、他の方のブログなんかを見てみたところ、割とよくあることのようです。これくらいは許せる範囲かもしれません。

次に、基幹となる部品については問題ないのですが、ネジなど細かい部品の中に、とにかく錆びやすいものがあるということ。
全部のネジということではなくて、主にハンドルステムの辺りのネジや、Vブレーキのヌードルの部分、それから、フロントのクイックリリースの部分が特に錆びやすくて、毎週のようにサビ取りをしていましたが、やるだけ無駄なので、今ではほとんど気にならなくなりました。

↓フロントのクイックリリースの部分
クイックリリースのサビ
そう言えば、昔、自転車旅行をしていた頃、行きつけだった自転車店で、10万円くらいのモデルと7~8万くらいのモデルで何が違うのか聞いたら、高い方は錆びにくい部品を使っていると教えてくれたことを思い出しました。

なぜフロントのハブはこんなに錆びやすいのかと思ってよく見てみたら、リアはシマノですが、フロントはシマノではありませんでした。
確かに、スペックを見返すと、リアは「Shimano FH-RM 30」ですが、フロントは「Scott FM 31」となっています。
買う時には、ディレイラーなんかはシマノ製であることを確認していましたが、ハブまでは意識していませんでしたね。

それから、ある日、雨が降って、自転車を車輪を外して車に積み込んで帰ってきたことがあったのですが、フロントハブのところを手で回してみたら、もう、何年も乗っていない古いママチャリのように、ガリガリでした。
ロックリングを外して見てみると、玉押しに虫食い(傷)が付いていました(写真がなくてすみません)。ひょっとしたら、最初からかなりきつめに締めてあったのかもしれません。
リアのシマノのハブは何ともなかったので、こういうところで差が出るのかなと思いました。

最後に、これは私自身のミスとも言えるかと思うのですが、シートクランプが破断してしまいました。
シートクランプの破断
私は、このシートクランプというものに対する知識がなくて、というのも、前の自転車ではフレームにダボが直付けされていてガッチリ締めていたためなのですが、思うに、最近はカーボンのシートポストなんかも出てきて、シートポストをいためないために、締めすぎた場合にはクランプが先に壊れるようになっているのかもしれません。

サドルが下がってしょうがないので、速攻で代替のクランプ、BBBのBSP-82を購入した次第です。
そして、今度は締めすぎないように、何日もかけて、サドルが落ちない程度にまで少しずつボルトを締め、締め終わりの位置も覚えておくことにしました。
もっとも、今度のクランプは、六角レンチのサイズが4mm(前のは5mm)なので、あまりきつく締めることはできません。レンチのサイズが1つだと便利ですが、適正トルクを考えれば、それに応じたレンチのサイズであることが理想のように感じました。
[ 2010/08/17 20:20 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム