日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  自転車関係 >  SPDシューズ用のインソールを購入

SPDシューズ用のインソールを購入

前に、特にヒルクライムによって膝や足の裏などが痛くなることを書きましたが、SPDシューズのインソール(靴の中敷き)を交換することでいろいろ良いことがあると聞きました。

インソールというと、シマノの「カスタム・フィット・インソール」があったのですが、熱成形には敷居の高さを感じます(そのまま使ってもいいんですかね?でも、それだと効果も少なくなってしまいそうです)。

その他に評判が良いのは、ショックドクターのトレーナー(ロープロフィール)のようでした。
ノーマル版が厚さ4mmなのに対して、2.5mmと薄型になっています。自転車には2.5mmのほうが向いているようです。

値段も安いので、だまされたつもりで買ってみました。

写真のように、土踏まずとかかとのあたりが少し厚くなっています。
ショックドクター トレーナー ロープロ
↓裏側
ショックドクター トレーナー ロープロ2
↓足のサイズに合わせてカットするための線
ショックドクター トレーナー ロープロ 3

自分の足のサイズは26.5cmなので少し切らなければいけないのですが、線のとおりに切ったら、幅が広すぎてシューズ(シマノのSH-MT42NV)に入りませんでした。
もとからシューズに付属のインソールと重ね合わせて鉛筆で線を引き、切り直しです。けっこう横のほうまで切らなければいけませんでした。
今度はぴったり収まりました。

履いてみると、以前よりも若干フィット感が高くなった感じです。

また、膝痛に関しては、こぎ方やクリートを付ける位置も重要のようで、日本のヒルクライム第一人者である村山利男さんによると、膝はがに股で乗りたがっているのに真っ直ぐか内股になるようにクリートを付けてしまうと膝が痛くなることがあるということなんです。

自分の場合、「がに股」ではなくO脚なのですが、特に左脚のほうが若干きつめのO脚になっているようです。

そこで先日、試しに、左足のクリートの位置を気持ち内側に動かすともに、こぐ時にやや外側に体重をかけるようにしてみました。

インソールとこぎ方を実践してみた結果ですが、先週の土曜日に例によって横津岳ヒルクライムだったのですが、確かに左膝の内側があまり痛くない気がします。

今のところは、「これをやれば絶対大丈夫」みたいな答えは見つかっていないのですが、一応、上記のような機材・セッティング・技術の組み合わせでいってみようと思っています。

あと、横津岳程度の坂であれば足の裏が痛くなることはまずないのですが、以前は痛くなっていた激坂を上った後に、その効果についてもう一度書こうと思います。
[ 2010/08/30 20:10 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム