日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  自転車関係 >  サドルの位置を変更

サドルの位置を変更

図書館に行ったら、雑誌コーナーにバイシクルクラブの9月号が置いてあるのを見つけました。
特集は「パワーを引き出すサドル選び」で、自分の場合、サドルを買い替える気持ちなんて現時点では全くなかったので、「ふーん」という感じでちらちら見ていたのですが、なかなか役に立ちそうなことが書いてあったので、書店に行って買ってきてしまいました。

私の場合、これまでは、かなり前寄りのサドルセッティングだったんですが、今回の記事を読むと、サドルが前寄りだと大腿四頭筋(太ももの前側)を使ってハイパワーを出せるが長続きしないとのこと。
逆に、サドルが後ろ寄りだと、ハムストリングス(太ももの後ろの筋肉)を使って、ミドルパワーで長い坂を上るのに適しているそうなんです。

それから、プロ選手のタイプ別サドルの位置と高さに関するコーナーによると、クライマーの場合、「上る時間は短いので座る位置を1ヵ所に固定し、大腿四頭筋とハムストリングスを使ってペダリング。脚を踏み下ろしやすいようサドルは高くセッティングする。」とのこと。

今回の記事では、サドルというのは一点に座るだけでなく、状況に応じて前に後ろに移動することもあるということです。

この記事を読んで、サドルの位置をそれまでより1センチほど後ろに、高さも気持ち高めにしてみたのですが、それがこの写真。
サドルの位置を変更
これでもまだ真ん中あたりですから、これまでいかに前寄りだったかが分かると思います。
街中だと、ストップ&ゴーを頻繁に繰り返すので、前寄りのほうがパワーを出しやすく、素早くスピードを上げられる気がします。

実際に新しいセッティングで走ってみたんですが、「これこれ」という感じ。引き脚に「ぐっ、ぐっ」と力が入る感じで、昔、自転車で旅していたころの感覚が戻ってきました。こぎ方も自然に変化します。ヒルクライムでも長持ちしそう。

ただ、通勤とかもビンディングを使いたくなりますね。

さて、そして昨日はすっかり定例化した横津岳ヒルクライムだったんですが、条件が良いにもかかわらず20秒ほどしかタイムを更新できませんでした。もうちょっといけると思ったんですが、前半オーバーペースだったかなぁ。
記録を更新できたのはよしとするとして、だんたんタイムを縮めるのが難しくなってきた感じです。
標高差870m、距離12kmで1時間切りまであとちょっとというところで、なかなか時間がかかっています。
後半のきつい場面でもう一段パワーが出せれば・・・なんですが。
まあ、13kg以上あるクロスバイクなので限界はあるのでしょうけど・・・。

タイヤを細いのに交換すれば大幅に記録更新できるのではないかと期待しているのですが、今のタイヤは後ろはけっこうすり減ってきているものの、まだ持ちそうなので、今月中くらいは今の重いタイヤで我慢しようと思っています。
[ 2010/09/12 12:37 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム