日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  自転車関係 >  ローラー台(ミノウラ GYRO V130)が届きました。

ローラー台(ミノウラ GYRO V130)が届きました。

ローラー台が届きました。
今年は新しいクロスバイクでヒルクライムにいそしむ1年になりましたが、季節は明日から11月。この函館でも先日初雪を観測し、普通に自転車に乗れる期間も残り短くなってきました。
平地なら、日にちと時間帯を選べば、11月中くらいは積雪を避けて走ることができそうですが、ヒルクライムはそうはいきませんね。
そもそも、私が走っているコースは、全て10月末から11月にかけて冬期通行止めになってしまいます。

私は冬でもスパイクタイヤで通勤していますが、トレーニングは無理ですね。

のんびりツーリングなら冬の間くらい我慢できますが、少しでも速くなりたいのが今の目標なので、思い切ってローラー台を購入しました。
(ジムのようなところも考えたのですが、やっぱり本物の自転車とは違うと思ったので。)

それが今日届いたので、とりあえず書いておきます。

私の住んでいるところは借家で、下に大家さんが住んでいる環境なので、部屋でローラー台を回せるか分からなかったのですが、もし無理なら玄関フードででもやるつもりでいました(本州以南の方は知らないかもしれませんが、北海道では、風雪をしのぐために玄関の外にガラスの覆いが付いていることが多いのです)。

3本ローラーよりも騒音が少ないようなので、最初から固定ローラーに絞っていました。
その中でも、国内メーカーであるミノウラの上位モデル、V270-2をずっと買うつもりでいたのですが(理由は、上位モデルの方が少し静かかもしれないと、なんとなく思っていただけなのですが)、ミノウラのサイトを見てみたら、ヒルクライムのトレーニングには、負荷装置がV270-2と同じで、ジャイロの重量が軽い(=慣性の法則が働きにくい)V130の方が向いていると書いてあったのを読んで、V130に決めました。

※ミノウラから、磁石を倍にして負荷を増強したマグテックス・ツインが出ましたね。
予算が許すなら、こちらの方がヒルクライムやスプリントの練習には本格派のようです。


日本製なんですね。

ローラー台と一緒に買ったのは、同じくミノウラのトレーニングマットとワットマスター。

トレーニングマットは、下に敷くシートで、ちょうどローラー台を置く位置が厚くなっていて振動を吸収するようになっています。

ワットマスターは、GYROシリーズ(V270、V150、V130)用に作られたサイコン。
ワットマスター
ワットメーターは、実測値ではなく、決められたプログラムに応じて推計するものらしく、どこまで使えるか分かりませんが、一度使ってみたいと思いました(値段も安いので)。
それ以上に、ケイデンス計が付いているのでいいなと思っていたのです。
また、ローラー台だけでなく、実走でも使用できるそうなので、使いやすければ夏も使うかもしれないと思っていました。

ただ、有線式なのはいいとして、キャットアイのCC-RD300Wと比べるとかなり大きいですね。
キャットアイのサイコンと比べると・・・
作りも少し安っぽいですかね。でも、一応、若干の防水性能はあるとのことです。
大きいですが、逆に、情報量は多くて見やすそうです。CC-RD300Wだと、現在速度以外の情報は、その都度ボタンを押しながら、切り換えて表示するしかありませんので。

ワットマスターに付属するのが、パワーチェッカーという早見盤。
パワーチェッカー
自分の体重とローラー台の負荷レベルからワット数と斜度が分かる、あるいは、自分の体重と指定した斜度に適したローラー台の負荷レベルが分かるもののようです。
私の場合、負荷を最高レベルのHにしても斜度は5.5%にしかならないようで物足りないのですが、その分重いギアでこげばいいのでしょうね。

これを使って、自分でプログラムを組めるようになっているようで、見本が付いています。
プログラムの見本
20kmまでの20段階それぞれに負荷レンジをセットできるそうで、作ったプログラムをワットマスターに記録しておいて、走りながらワットマスターに表示される負荷レベルに合わせて、手動で負荷のダイヤルを調整するようになっているようです。

ちなみに、トレーニングマットとワットマスターは中国製でした。今の時代ではやむを得ないでしょう。

ローラー台を使用するのはまだ先になりますが、今から少し楽しみです。

※V130についての実使用の感想
※ワットマスターのレビュー(路上走行用ステージ)
※ワットマスターの出力ワット表示機能について
※ワットマスターのコースプログラム機能について
※ワットマスターのコースプログラム機能の“物好きな”活用方法について
[ 2010/10/31 20:47 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム