日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  スポンサー広告 >  自転車関係 >  ロードバイクの人と挨拶した時のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロードバイクの人と挨拶した時のこと

先日のトレーニング中、信号で止まったら、後ろからロードバイクの人が追い付いてきたので挨拶したら、「早いっすね。」と言われました。
お世辞だと思いますが、たまたま、上り坂で頑張るのに重点を置いて走っていたからかなとも思います。

自分よりは少し年上の人かな?

少しの間、話をしながら併走していたのですが、下り基調になったら、私は普通にこいでいるのに、ロードバイクの方は、私にスピードを合わせるためにブレーキを使わなければならない状況でした。

タイヤの太さの違いからくる摩擦抵抗とか、ホイールまわりの性能とか、そこらへんが直接的な理由でしょうけど、正直言って、ずいぶん違うんだなぁという感じ。
そもそも、私のクロスバイクとは値段が全然違うとも思いますが。

自分としては、これまでツーリング用から通勤用へと移り変わりながらクロスバイクに乗ってきたので(さらにその前はスポルティーフでしたが)、特にこだわりがあるわけでもないのですが、競技専用ならやっぱりロードバイクだよなぁとは思います(値段が高くても質的な面で)。
とはいっても、高い自転車にほいほい買い替えるほどのお金もないですし、また、自分がより速く、強くなる過程では多少劣った機材でもいいのかなともも思っています(いずれはロードバイクに移っていくかもしれませんが)。


話は変わって、
サイクルスポーツ4月号の付録、「ロングライド&ヒルクライム イベント参加ガイドBOOK 2011」の中の、ヒルクライムで有名な5人のホビーレーサーへの質問で、機材と実力のどちらが大事かについて、全ての人が圧倒的に実力が大事だと回答したこと(実力の割合が低い人でも機材:実力=2:8、高い人だと0:10)。

ただ、質問を読み進むと、みんな軽量パーツを使っているんですよね。
上りのみのレースのため性能的に劣っていても軽ければ採用しているくらい。

おそらく、トップレベルではバイクの重量はたいして変わりなくなって、あとは実力の違いということなのかもしれません。
[ 2011/03/28 21:00 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。