日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  自転車関係 >  フラットバーに適したグローブはあるか

フラットバーに適したグローブはあるか

以前にサイクリンググローブ(正しくはグラブ?)を試しに購入してみたことを書きました。

クロスバイクで長時間走る際の悩みの一つは、自分の場合、手が痛くなることですが、グローブを使ってみても、長時間(例えば2時間以上とか)走っていると痛くなる傾向がありました。
なんとなく、サイクリンググローブはドロップハンドルを前提に作られている気がしないでもない。

そこで、今度は、店頭で実際にフラットハンドルを握ってみて、ゲルパッドが効きそうなものを選んでみました。

ルイガノのREX GEL
今回購入した(というか買ってもらった)のは、ルイガノの「REX GEL」です。
ちなみに、サイズは、OGKのKG-4よりも大きめなのでMを選択。

手が痛くなるのは、手のひらの真ん中らへんから手首寄り(小指側)にかけてで、この部分にパッドがしっかり付いているものを選んだつもりです。

で、しばらく使ってみたんですが、確かにパッドは厚くなりましたが、反面、操作感のダイレクトさに関しては少し鈍くなった感じ。

痛みのほうは、やっぱり長く乗っていると痛くなってきます。

今の結論としては、基本的なことかもしれませんが、ハンドルの握り方が悪いのではないか、と思っています。

バーエンドバーを握る時はさておき、フラットバーのグリップを握る時、手のひらでべったりと体重が乗るように握るのが悪いようで、それを、より指の付け根に近いところで上からかぶせるように握り、以前よりも肘が下側・外側を向いて曲がるようにしたところ、痛くならないようです。

ちなみに、雑誌に載っていた写真を見て参考にしました。

これって、ひょっとしたら経験豊富な人にとってはすごく基本的なことかもしれません。

あらためて2つのグローブを比較してみると、OGKのKG-4のほうが手のひら部分のやわらかさとダイレクトな操作感で快適に感じられるような気もしてきました。

まだ最終結論ではありません。
[ 2011/09/16 22:05 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(2)
こんばんは。

はじめまして。

「組長」と申します。

私は、「手のひらはハンドルに添えるだけ」で、肘は、肩から手首までの直線ライン上になるように心掛けています。

また、「骨盤を立てる」と、体重が、ペダル・サドル・ハンドルにうまく分割されるように感じます。

合うか否かは不詳ですが、参考にしていただければ幸いです。
[ 2011/09/17 00:46 ] [ 編集 ]
組長さん、はじめまして。
参考になるお話をありがとうございました。

確かに、腕の部分だけでなく、全体的なフォーム(ポジション・セッティングも含めて)によって決まってくるものだろうと思います。

自分の場合、フォームは少しずつ変わってきていて、教えていただいたことも、いずれ試す機会があるような気がします。

印象としては、バーはバーでも、幅の広いバーハンドルからロードバイクのショルダー部分を持つ場合まで、いろいろな握り方、フォームがありそうな感じです。
[ 2011/09/20 01:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム