日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  自転車関係 >  自動点灯、太陽電池なテールライト

自動点灯、太陽電池なテールライト

夜間とかトンネルの走行を考えると、テールライトはあったほうがいいですよね。

以前はCATEYEのTL-LD130-Rという、単4電池2本で点灯するタイプのものを使っていました。
スイッチで点灯(3モード)・消灯を切り換えるタイプで、それはそれで便利だったのですが、シートポストに付ける場合、サドルバッグを付けると干渉してしまうという問題がありました。

シートステーに付ける手もあるのですが、それだとトンネルに入る時とか、いったん止まってスイッチを入れるにも少し遠いというのがありました。(チャレンジランでの使用を想定していたので)

便利なことに、この商品にはクリップが付属していて、また、私が使っているトピークのサドルバッグにはそれを引っかける部分が付いているのですが、実際にやってみたら、下り坂でスピードが出ている時に段差の衝撃で脱落してしまい、ライト自体は破損しなかったのですが電池が飛び出して車に踏まれてしまいました。

そういうことがあって、クリップ止めは本格的な走行には向かないなと思いました。

そうなると、シートステーに付けるしかないわけですが、スイッチのON/OFFが面倒なので、やっぱり究極は自動だなと思って探してみたら、けっこうあるもんですね。

その中から、形などを基準に選んだのが、CATEYEのTL-SLR200。
暗い時に振動を検知すると自動で点滅、また、太陽電池を採用し自動的に充電されるため、電池交換の必要がありません。

取り付けですが、付属のバンドではSPORTSTER-P5のシートステーの太さには合わないため、ユニバーサルバンドを追加で購入して取り付けました。
付属のバンドは、細くて丸いステーでないと取り付けられないかもしれません。

キャットアイのTL-SLR200

微妙に大きいのを除けば、ほぼ満足がいく商品です。
(形からも想像できるかもしれませんが、フェンダーに取り付けるタイプと共通の形状のようです。)

今のところ不満なことはありませんが、一つ気付いたこととして、そんなに暗くなくても点灯するようなので、ひょっとしたら充電よりも消費の方が早いかもしれません。
[ 2011/10/21 21:36 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム