日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  スポンサー広告 >  自転車関係 >  パワーチェッカーで「遊び」トレーニング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パワーチェッカーで「遊び」トレーニング

本題に入る前に、函館市文化・スポーツ振興財団が発行する「ステップアップ」の2011年5月号にアダム・スミスさん(昔の学者さんではないですよ。)の記事が載っているので紹介しておきます。

ツールド北海道に北海道地域選抜メンバーとして出場するなど活躍をされた方です。
(ちなみに、2007年ツールド北海道では総合28位。)

ステップアップ バックナンバー
http://www.zaidan-hakodate.com/stepup/old_step.html

2011年5月号の18ページ、PDFファイルとしては17ページ、「RELAY TALK-MY FAVORITE THING」というコーナーです。

記事の中で、「函館から松前までの往復をランチ前にしてしまったことも」あると書かれていますが、函館と松前を往復すると190kmくらいあるのでものすごい世界です。

こういうのを読むと、素質とか機材の善し悪しとか、努力の量とか、そういうものの前に、どれだけ高い目標に向かって強い意志で挑戦していけるかが重要なのかなと思いました。


さて、外は雪なので、物置でサイクルトレーナー(ミノウラV-130)を使ってトレーニングしていますが、いまひとつワットマスターとパワーチェッカーを使いこなしてないと思い、まずはパワーチェッカーを目安にどれくらいのワット数まで耐えられるかを試してみました。

パワーチェッカーは早見表になっていて、2通りの使い方(①希望の傾斜に応じた負荷レベルを求める。②現在の負荷レベルからワット数と傾斜が分かる。どちらも時速30kmでこいだ場合。)があるということなんですが、今回は、②のほうを試してみます。
自転車と体重を含めた装備重量を80kg(本当はもう少しあると思うけど)とすると、最も軽い「L」の場合で傾斜1.0%、出力98W、最も重い「H」の場合は傾斜4.5%、出力326Wとなります。
パワーチェッカー

一流選手なんかだと400Wでも余裕があるみたいですが、自分の場合は200Wくらいかなぁ?なんて思いながら始めてみます。

まずは「L」。
これは余裕。
とは言いながら、心拍数は163くらいまで上がりました(最大心拍数は190くらい)。
5分間回しました。

ちなみに、ギアは48×17でケイデンスは81くらい。

次に「1」。
傾斜1.5%で131Wとなります。
ギアは同じ。
2分間回して心拍数は171まで上がりました。
まだ続ければまだ上がるかも。

次に「2」。
163Wですが、ギアを48×15にしてケイデンスは70ちょいくらいまで下がりましたが、1分半回して心拍数は175まで上がりました。
続けていたらまだ上がるでしょう。

さらに「3」。
ここだけ特殊で、傾斜2.5%&196Wと傾斜3.0%&229Wがどちらもこの負荷レンジに入っています。
ギアを1枚重くしてダンシングで1分間回してみましたが、心拍数は180以上に上がってかなりしんどい。

さらに上の負荷ですが、そろそろ限界かと思ったら、「4」以上でも(シッティングで)意外と回せて、「全力もがき」まではいかない感じ。
ひょっとしたら微妙にタイヤがすべっていたりするかもしれません。
ただ、長く続けられないですし、心拍数もどんどん上がってしまう。

ってな感じで、ひとつの目安として出力が分かるのは良いかな、というのが感想です。
[ 2011/12/27 20:21 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。