日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  自転車関係 >  脱「楽ポジ」?

脱「楽ポジ」?

今中大介さんの文章で、「あまりに『楽ポジ』だと速くは走れない」というものを目にしました(http://dx.cyclingtime.com/series/imanaka/imanaka03/)。

自分はちょうどステムの長さや角度で試行錯誤中、特にもう少しハンドルが遠くてもよいかも、と思っていたので目にとまりました。

既にほぼ決めていたのですが、1センチ長いステムを注文し、それだけでなく、通勤用のクロスバイクのステムも1センチ長いものに戻してみることにしました。

走っていてガラス窓なんかに写るシルエットを見て、少しハンドルが近く体が起きているように思われたので。

もともと115mmのステムが付いていたんですが、途中から105mmに交換していたのです。

こんな感じ。
クロスバイクのステムを交換
ステムはNVOのTM-4。

サスペンション・フォークということもあってハンドルが高く、ステムの天地を逆さにしてハンドルを目一杯低くしています。
コラムが余ってカッコ悪いと思われるかもしれませんが、自分さえ気にしなければいいので。

乗ってみた結果、「どってことない。」という感じ。

全く違和感がありませんでした。
もっと早く交換してもよかった。

あまり大きな声では言えませんが、毎日のダッシュ・トレーニングには有効かな。
(より理想的なポジションになるという意味で。)


さて、ロードバイク用の1センチ長いステムが到着して、早速交換。
ロードバイクのステムも交換

BazookaのZOOステム、100mmです。

2mmのスペーサーを抜こうか迷ったのですが、とりあえずそのままに。
おそらく抜いても大差ないのでは。

走ってみた感想としては、ハンドルが少し遠く感じるものの、慣れられるかなというレベル。
一方、少し高くなって、首にとってはだいぶ楽になりました。

だいぶ理想のポジションに近づいてきたかも。

分かったのは、自分の場合ハンドルの遠さよりも低さが問題になっていたということ。

そして、ここまで来てようやく、ハンドルの位置とポジションの関係について、少し見えてくるものがありました。

続く。
[ 2012/08/30 00:54 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム