日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  自転車関係 >  おじさんもやればできる

おじさんもやればできる

第5回城岱ヒルクライムに参加してきました。

昨年は残雪の影響により中止だったので、2年ぶりの開催。

第1回函館山サイクルライドが中止になったので、今シーズンとしては最初のイベントです。

参加者はエントリーで28名。
地元中心のイベントなのでこぢんまり、ゆったりとした感じです。

タイム計測も、チップを付けるわけではなく、たぶんストップウォッチでやっていると思います。
記録証をくれますが、表彰はなし。
別に、それでいいのです。

さて、個人的には、冬期間、室内でローラーをまめに回していた効果なのか、シーズン始めとしては調子がよく、(人と比べてどうかは別として)おそらく力が出せないということはないだろうという感覚で臨みました。

スタートしてすぐに3人が飛び出していったみたい。

個人的には前半抑え気味にいきたいタイプですが、「序盤飛ばし気味にいったほうがタイムが出る」と言っていた人がいたので、それを真に受けて、速い人たちに遅れないように行ってみました。

心拍数は徐々に上がって、170台後半くらいで落ち着いたかな。
普段の練習だとちょっとオーバーペースですが、レースとしてはこんなもんだと思います。

1人ずつパスして、スタート直後に飛ばしていった人が見えてきた・・・と思ったら、2人しかいないので、1人はずっと先に行ってしまったのかな。

しばらくして、その2人のうち1人も抜いて、残るもう1人との距離は縮まりそうで縮まらない感じ。

面識はないけれど総合的に力がある人だと思うので、スプリント勝負では勝ち目はないかなと。
かといって、追い付くためにこれ以上心拍数を上げたらペースを維持できなくなるとも思いました。

個人的には、普段から勝負というよりもトータルで自分のベストを出すことを考えているので、無理せず自分のペースを守りつつ、ゴール近くで少しペースアップ、最後に力を出し切ってゴール、といういつものシナリオを貫くことにしました。

最後のカーブ(残り500mくらいかな?)のところで少しペースアップ。

ゴール目前の最後の坂が見えてきたところでさらにペースアップ。
追い付けないと思っていたけれど、前の人は少し油断していたのか、期せずしてスプリント勝負の展開に。

一時は前に出たけど、向こうも本気を出して、並ばれ、どうやら負けそうだ、という時に、ゴールがどこだか分からなくて力を抜いてしまったのが少し心残りだけど、次は失敗しないでしょう。

それよりも、どちらかというと「おじさん」の域に入りつつある自分が、若者に対して(しかも自分のバイクはアルミフレームで、値段はおそらく3分の1以下とかだと思う。)ここまでできるという意味ではまあまあかなと。

着順は3番目かな?
タイムは23分台だったもよう。
(なんだか役員がちょっと混乱していてよく分からなくなってしまいましたが。)

※結局、間違ったタイムが最終結果となってしまい残念。
動画を見れば自分は分かるのだけど、サイクリング協会の人には分からないのだろうから仕方ない。


2年前は28分台。当時はクロスバイクでしたが。
個人的に走った記録では、26分台が最高なので、大幅に更新です。

これをもってどうこう、と言うつもりはないけれど、鍛えた成果が出たということは言えそうです。

しかも、そんなに無理なトレーニングをしている感じもないので、まだ伸びしろがあるかも。
というか、そう思いたい。

今年も頑張ろう。
[ 2013/04/21 16:01 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/04/26 00:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム