日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  どんど晴れと盛岡の街 >  どんど晴れ 第12週 「裏の心と表の心」

どんど晴れ 第12週 「裏の心と表の心」

今週は、孤立した夏美が、少しずつ信頼を取り戻していくという内容でした。

夏美を救ったのは、親友の佳奈(川村ゆきえ)との仲直りであり、信頼すべき大先輩の時江(あき竹城)の分け隔てのない態度(こういう単純な人も珍しいと思う)であり、大女将カツノ(草笛光子)のアドバイスでありました。
しかし、元をたどれば、夏美の信念が聡(渡邉邦門)からの告白にも毅然とした返答をさせたように思いますし、夏美の根性が時江から一定の評価を受けることにつながっているようにも思います。

問題なのは彩華(白石美帆)が加賀美屋に入り込んできたことですが、表面上は夏美に穏やかに接するものの、明らかに内心は意図があるような雰囲気です。彩華の目的にとって、夏美は邪魔な存在のようです。
しかし、浩司(蟹江一平)は彩華にメロメロで冷静さを失っているわけです。
彩華の目当てはお金なのかもしれませんが、環(宮本信子)は彩華の考えていることを感づいているようです。しかし、環としては、夏美だけは若女将にしたくないわけで、今後、環がどうするのか、どのような態度に変わっていくのか、あるいは変わらないのかは、夏美と彩華の若女将をめぐる競争とともに注目していきたいところです。

しかし、ナレーターが「加賀美屋をめぐる、ある悲しい物語の始まり」と言っていましたが、先は明るくなさそうです。

ちょっと、柾樹の影が薄い感じです。副総支配人からの企画部副部長昇進の誘いは断ったものの、相変わらず中途半端な状態です。
しかし、来週の予告編では、「夏美のそばに行く」と言っていたので、少しは夏美の力になれるでしょうか。


相変わらず、夏美にとっては逆境が続きます。
不安な状態が続き、来週のヒロインは大丈夫だろうかと視聴者を心配させるような面もありますが、現時点では普通に見ている限りあまり楽しいものではないようにも思います。特に、加賀美屋のトップである環があからさまなアンチ夏美の態度を取っていることで、個人的にはよけいにつらく感じるものがあります。「いびり描写」を不愉快あるいはつまらないと感じている人もいるかもしれません。ただひたすら頑張るということがどのように受け止められていくのでしょうか。
おしんの時代とは違うわけですが、ただ、都会で暮らしていた1人の女の子が古式ゆかしい旅館の女将を目指すという不思議なシチュエーション(?)は、意外と面白くも感じます。
今のところは悪くないようですが、この先の視聴率がどのように推移していくかも気になるところです。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム