日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  スポンサー広告 >  自転車関係 >  25C+アルミフレームの安心感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

25C+アルミフレームの安心感

試しに25Cのタイヤを買ってみました。
25C購入

プロの世界では25Cが広がっているらしい。

理屈としては、23Cと比較して同じ空気圧なら25Cのほうが転がり抵抗が少ないということらしい。

が、個人的にはそういう話にはあまり興味がありませんでした。

だって、プロの世界はチューブラーなんでしょ?
チューブラーとクリンチャーを同じ土俵で比較してもね、っていう先入観があったので。
間違っているかもしれません。

が、実際に商品の情報を見てみると、23Cと比べて10グラムしか重くないんですよね。

これくらいのデメリットならば、太いタイヤのほうが、乗り心地とかパンクのリスクとかの面でメリットがあるのではないか?と思ったのが導入の動機です。

もっとも、ヒルクライムレースでは、23Cの軽いタイヤを使い続けると思いますけどね。

まずは、とりあえず、後ろだけ25C化。

23Cと並べても、見た目ではそんなに違いはありません。
見た目は大きな差はなし


このところ季節を先取りした天候で、今日もどうしようか迷ったのですが、日曜日よりも天気が良さそうだという判断で、走ってきました。

気温は、6~7℃くらいで、自分の持っているウェア類の中ではフル装備にしましたが、晴れているためか意外といける感じ。
ただ、腹巻きをしていても気を抜くとすぐにおなかを冷やすので、ウィンドブレーカーを頻繁に着たり脱いだり。

やってきました、恵山道の駅。
恵山道の駅にて

海沿いの道をほとんど追い風基調で快調に飛ばしてきましたが、街中を抜けてからはほぼノンストップで、けっこうな運動になりました。

路面の状態はそこそこでしたが、25Cのおかげか、いくぶんマイルドに感じました。

実は、初めて走る道で、うっかりパンクしないかとか不安だったのですが、そういう時に25Cは安心感をもたらしてくれると思っています。

帰りは、山を通るルート。
こっちのほうが路面が良かった。

紅葉がきれいでした。

往復で80キロ弱のライドでした。


25Cでもう一つ思うのは、下りでの路面追従性について。

乗り比べたことはないのですが、アルミフレームって割と跳ねる感じがありません?

下りでスピードが出ている時、特にコーナーとかで道が荒れててタイヤが跳ねる感じになるのって怖いんですよね。

そういう面でも、25Cは、特にアルミフレームには良い選択かもしれないと、頭では思っています。


なんとなく、今後は、ヒルクライムレース以外は25Cでいこうかと思っています。

でも、23Cの在庫どうしよう?

[ 2016/10/30 00:05 ] 自転車関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。