日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  スポンサー広告 >  どんど晴れと盛岡の街 >  どんど晴れ 第14週 「二人の誓い」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どんど晴れ 第14週 「二人の誓い」

柾樹(内田朝陽)が加賀美屋を継ぐ決意をもって盛岡に戻ってきました。
このことは、夏美(比嘉愛未)にとってはこの上なくうれしいことですし、柾樹を後継者に指名したカツノ(草笛光子)にとっても喜ばしいことですが、一方、環(宮本信子)や伸一(東幹久)にとっては、とても不安な要因なわけです。
これは、誰が若女将になるかの問題と、加賀美屋の後継者の問題が絡み合っています。彩華(白石美帆)が浩司(蟹江一平)と結婚して若女将になれば、自然と伸一が将来の社長となっていくわけですが、彩華が本当に浩司と結婚したいと思っているのか、家族も少し疑心暗鬼になっていて、そのため、将来に関してとても不安定な状態になっているわけです。
また、環は、彩華には何か欠けている部分があることにも気付いているようです。
母親としては伸一に加賀美屋を継がせたいと思っているし、また自分の気持ちとしても夏美ではなくて彩華に若女将になってもらいたいと思っているし、浩司と彩華が結婚してほしいと思っている。しかし、素質という点では、夏美には特別なものがあるということも分かっているわけです。
それは、藤村香織(相沢紗世)が宿泊に来たときに、夏美が早朝の出発を察しておにぎりまで用意していたのに対して、彩華は香織がどういう人物なのかもピンとくるものがなかったところに表れています。

一つ思ったのは、夏美の接客能力が急に向上したことです。このことは、前に環に釘を刺されて環側、伸一側に戻った時江(あき竹城)も評価していましたし、環も「飲み込みが早い」と受け止めていました。
ところで、時江は彩華をどう思っているのでしょうか。物語の中で出てきていないような気がしますが。

環は策を考えているということですが、いったいどんなことを考えているのか、どういう形で決着を付けていくのか、来週も注目です。

また、「彩華の柾樹に対する秘めた思い」がどのような形で出てくるのかも気になるところです。
例えば、自分が女将になるために、柾樹と夏美の間に亀裂を入れるためとか、何らかの意図が出てくるのか。これまでのストーリーからすると、純粋な恋愛感情という形は考えにくいのですが、しかし、たまには彩華にもそういう、普通の女性らしいところが出てきてもよいような気もします。


今週は、久しぶりに盛岡ロケが含まれていました。
夏美と柾樹は一本桜の前で待ち合わせをしていましたが、一本桜は盛岡の市街地から遠く離れた隣町の雫石町の、小岩井農場の敷地内(ちなみに、私有地なので現時点では勝手に近づくことはできません。個人的には、今後、ドラマのロケ地として、観光地として整備してくれないかなとも思っているのですが。)にあるので、盛岡の人間の感覚からすると明らかに不自然なのですが、それ以外のドラマの視聴者にとってはわりと自然に受け入れられる光景だったでしょうか。

その後、2人は高松の池で白鳥に餌をやり、池のまわりを散策していました。湿った雪が降る光景は、ある意味盛岡らしい風景だったかもしれません。

ドラマの中で出てきたので、白鳥について少し書いておきたいと思います。

第82話、柾樹と夏美が喫茶店で話す場面で、羽が折れて飛べなくなった白鳥を近所のおじさんが世話をして、夏を越し冬を迎え再び仲間の白鳥の群れを迎える、という話がありましたが、これは盛岡で実際にあった話なんです。
そのおじさんは、「白鳥おじさん」として有名な方で、飛べなくなった白鳥は「ポー」と呼ばれていました。「とべない白鳥ポー」という物語にもなりました。
三太郎というおじいさんがいて、白鳥に毎日エサを与えていたんですよ。確か小学生の時に学年全体で見に行ったことがあるのですが、川の近くに小さな掘っ建て小屋を建てて、中には薪ストーブがあったと思います。
私の記憶の中では、あごひげを生やしたおじいさんの姿が残っています。ポーを小屋の中に入れているシーンもテレビか何かで見たような気がするのですが、私の記憶違いかもしれません。
三太郎じいさんは16年間毎日欠かさず白鳥にエサを与え続け、ポーは夏の暑さに耐えながら8年間も生きたそうです。
もう20年以上前の話です。
場所は盛岡駅の裏側、雫石川の盛南大橋のあたりなのですが、今でも白鳥は飛来しているのだろうか、誰か世話している人はいるのだろうかと思って調べてみたら、こんな記事を見つけました。
「盛岡タイムス Web News」(http://www.morioka-times.com/news/0502/13/05021302.htm)
盛南大橋の工事で白鳥が飛来しなくなったこと、2003年には81羽が飛来したことが書かれています。
記事自体が古く、最新の情報も分かりません。
平成9年(1997年)発行の「城下町もりおか絵地図」を見てみると、「シベリアから11月下旬頃白鳥がとんでくる」と解説が書かれていました。

盛岡の白鳥スポットは何カ所もあるんですが、ドラマで出てきた高松の池のほかには、北上川の明治橋上流、北上川の館坂橋下流などを知っています。他にも、中津川の富士見橋付近や御所湖、北上川の長徳橋付近にも飛来しているようです。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

どんど晴れ}『どんど晴れ』(どんどはれ)は、NHK朝の連続テレビ小説|NHK連続テレビ小説の2007年度上半期のテレビドラマ。通算76作目。2007年4月2日から2007年9月29日まで全26週・全156回に渡って放送される予定である。脚本は小松江里子。舞台は岩手県及び横浜市。岩手県が
[2007/07/30 20:38] あのドラマに夢中!
月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。