日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  エクササイズ、トレーニング関係 >  わが家にQuick Fixがやってきた。

わが家にQuick Fixがやってきた。

わが家には前からTAE・BO(タエボー)のビデオがあって、前にも少し書いたのですが、その後、新しいエクササイズDVD「Quick Fix」が届きました。といっても、私が買ったわけではなくて家族のものなんですけど。
今回購入したのは、「Total CARDIO MIX」(トータル・カーディオ・ミックス)というもので、「Total CARDIO Kick Workout」(キックボクシングと言ったらいいのかな?)と「CARDIO HIP-HOP Workout」の2つのシリーズが含まれているものです。どちらも10分のメニューが4本という構成(合計8本)になっていて、短時間でもできるという意味で「Quick」となっているのかもしれません。画面右下に残り時間が表示されていて10分から1分単位で減っていきます。

Kick Workout担当は、Janis Saffellという筋肉質の白人女性。HIP-HOP Workoutのほうは、Juliane Arneyという、黒人系っぽいファンキーな感じの女性です。

ちなみにこのDVD、全て英語となっていますが、作品の性質上、映像を見ながら真似をして体を動かせばいいですし、難しい説明もないので、英語が分からなくても全然問題ないと思います。
Kick Workout のほうは、ジャブ、クロス、フック、アッパーカットとか、サイド、フロント(前)とか、ニー(膝)、エルボー(肘)、アーム(腕)とか、「Two More!」(あと2回)とか、基本的に簡単なことしか言っていませんし、体の動きに合っているのでとても分かりやすいです。左右も見ている人に合わせて言ってくれます。私自身、英会話は全くできませんが、中学、高校と英語を習ったのが少しは役に立っているのかなと思いました。
ヒップホップのほうは、言葉よりも体で覚える感じでしょうか。

私自身は、たまに家族がやっているところを見て真似をする程度なのですが、Kick Workoutのほうは、タエボーを経験していれば難なくついて行けると思います。
ただし、両者の違いとして、タエボーが負荷のかかる作業を我慢しながらくり返し行うのに対して(ビデオの雰囲気も「みんな頑張ろう!」みたいな感じがあります)、カーディオのほうが、いろいろな動きを組み合わせて体を動かす感じがあります。

言い方を変えると、タエボーが筋肉重視、カーディオは体の動き重視といった感じでしょうか。
音楽の小節数で言うと、タエボーが筋肉への負荷を意識しながら8小節とかそれ以上同じ動作を続けるのに対して、カーディオは2小節くらいで次の動きに移行していくことが多いです。

印象としては、タエボーがきつい人にはカーディオのほうがいいかもしれません。
特筆すべきポイントとして、後ろの2人の女性のうち、右側の女性は「やさしいバージョン」をやっていて、あまり飛び跳ねませんし、キックを蹴り上げません(キックは腰に負担がきますよね)。Janisもそのことを度々言っています。


ヒップホップのほうは、まだあまりやっていないのですが、ヒップホップ独特のグルーブと小刻みなリズムはなかなか難しいかもしれません。慣れれば自然にできると思いますが。
ただ、フットステップを中心にそれなりに激しい動きをするので、アパートなどで下の住人が気になる場合などはやりづらいかもしれません。また、ヒップホップらしい手を上に上げたりする所作は初めのうちは少し気恥ずかしく感じられます。
Kick Workoutに比べると、動きを覚えるまでに時間がかかりそうです。


こんな感じで雰囲気が伝わったでしょうか。
いずれにせよ、適度に運動をして、できればスタイルを維持しながら、健康であり続けたいものです。

※関連記事
Janis Saffellの「KickBox Strike Zone」
Quick Fix
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム