日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  中華 >  函館 「中国料理 廣河」

函館 「中国料理 廣河」

庶民的だけどなかなか本格的な中華料理が味わえる場所、それが廣河です。
私は、地理的に近いこともあって、月に1~2回は必ず食べに行っています。今は出前もやっていますね。
客もけっこう入っています。

この店で私のお気に入りは、天津マーボー飯、天津エビチリ飯、天津ホイコーロー飯です。
やや甘めの味付けかもしれませんが、食べやすく、また、手際よく調理されたものです。サラダとスープ、紅しょうがが付きます。
ちなみに、相方のお気に入りは北海ピリ辛みそチャンポンです。みそベースのとろみのあるスープに肉や野菜、エビなどの具材がふんだんに入ったものです。

先日は、私は、「石焼きチャーハンマーボーがけ」を注文。壁に手書きの札が貼られていたので、新しいメニューかもしれません。目の前で麻婆豆腐をかけてぐつぐつと煮え立つ様子は、どこかのファミリー向けレストランと似ているのですが、味は数段上でした。
相方は、酸辣湯麺(スワンラータンミェン)を注文。酸っぱめでさっぱりしたスープに、ラー油が多めに入っていてけっこう辛いものです。肉が入っていないのは肉好きには少し残念ですが、暑い季節にぴったりなメニューかと思います。

この店は、エビマヨもおいしいんですよ。現代人の味覚のツボをジャストミートしたようなうまさです。先日は、エビキムチマヨを注文してみたのですが、これもおいしかったです。

全般的にボリュームが多めなのも良いです。若い方の晩ご飯にも好都合な感じです。
一方、夜になると中華のおつまみと言っていいのか、量の少ないメニューが豊富にあるので、一杯飲みながらという方にも良いと思います。

基本的に注文してから出てくるまで早いです。ただ、10回に1回くらいでしょうか、ごくまれに待たされることがあります。おそらく、たまたま注文がかち合うことがあるのでしょう。

場所は、函館市富岡町1丁目42-6。

系列店に廣河ヌードルがありますが、さらに庶民的になって麺類に特化した感じでしょうか。あまり行っていないので分かりません。

※関連記事
函館 廣河の「つゆ焼きそば」(08/02/17)
函館 「中国料理 廣河」の居酒屋メニュー(08/04/05)
[ 2007/07/23 22:19 ] 中華 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム