日々の生活+あー坊

最近、ヒルクライムにはまっています。函館の食べ物などの話題も。あー坊は副管理人。
日々の生活+あー坊 TOP  >  どんど晴れと盛岡の街 >  どんど晴れ 第19週 「女将の決断」

どんど晴れ 第19週 「女将の決断」

柾樹(内田朝陽)が父と再会しお互いを分かり合えたことがきっかけとなって、少し肩の力が抜けたような感じになり、環(宮本信子)や久則(鈴木正幸)ら加賀美家からも受け入れられることにつながったようです。
一つ残された大きな問題は、旅館の後継ぎをどうするのかという問題ですが、環は、夏美(比嘉愛未)を若女将にすることに決めたことで、自分の息子である伸一(東幹久)ではなく、夏美の夫となる柾樹を後継ぎにすることにしたわけです。

いつかは言わなければならないこととしても、柾樹と夏美の結納の後、両家の会食の席で発表することとなりました。伸一にとっては受け入れがたいことであろうことはもちろん、環にとってもつらい決断だったことでしょう。

カツノは、「加賀美家の家長としてやるべきことをやらねば」と言っていました。また、別の時には、自分が死んだら柾樹の父親を呼び戻してくれるようにとも言っていました。
いずれにせよ、今後は加賀美家の「家族の和」にテーマが移っていくのだろうと思います。

ただ、どうしてもこのドラマの設定で特殊だと思うのは、長男という後継ぎ候補がいるのに別の人間を後継者に指名することであり、また、後継ぎ候補の妻が女将になることを簡単に拒否してしまうということであり、それでも伝統にのっとって進んでいこうとする(この先は分かりませんが)ことであって、こういうことは一般的にはあり得ないことではないかとも思います。
旅館業を大家族のようなかたちで経営していくのも珍しいのではないかと思います。

それでも、視聴者の反応は良いように見えます。
ビデオリサーチの発表によると、7月30日(月) ~ 8月5日(日)の関東地区の視聴率は、21.7%に上昇していました。

初回こそ歴代最低視聴率という不名誉な記録を作ってしまったわけですが(初回は前作の不人気が影響したようです)、その後は悪くない数字を出していました。最初のうちは、「夏美いじめ」がひどくてどうなのかなとも思っていましたが、中盤以降はさらに上昇傾向にある感じです。
後半型のほうが視聴率的には有利かもとも思ったりします。最初のうち面白くても、一度視聴者が離れてしまうと取り返すのは難しいかもしれませんし。

ちなみに、NHK朝の連ドラの視聴率は近年低下傾向が続いていますが、その要因は、BS2とBSハイビジョンでは7時半から放送されていてある程度の視聴者がそちらへ移っていると思われること(当然ながらその分は別にカウントされているのでNHK総合の視聴率に反映されていない)、民放のワイドショーが従来は8時半からだったのを8時スタートに繰り上げたことによる影響などがあるようです(Wikipediaによる)。

ところで、奥田瑛二の「岩手弁」は少し違っていたような気がします。一般視聴者には違和感はなかったかな?
愛知県出身ということですし、少し難しかったかもしれません。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
プロフィール

iyuj07

Author:iyuj07
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム